行政書士受験生ブログ⑪:試験まで残り一週間(D.K)

0

行政書士試験に挑戦するDKが日々の勉強や試験の感想について紹介していきます。

11月の連休も最終日となり、行政書士試験まであと一週間となりました。自分の現在の状況は、行政法の過去問は三回解き終わっていて、民法と商法は一度ずつ解き終わっているというものです。
これからの勉強方針としては、まず行政法の問題を四回目まで解くことをやろうと思います。三回目まで解き直す中で自分が理解できていると思った問題はどんどん捨てていきました。なので、当初自分がつくったバインダーに収録してある問題数も今や当初の3分の2くらいになっています。地方自治体には依然として課題があるので、残り一週間の問題演習を通して重要な知識を中心にインプットしていきたいと思います。

次に、自分が気になっているのは記述式の勉強です。ただし、これは、多くの合格者の方のブログを参考にしてみると、特別な対策は不要ということでした。なので、択一の勉強をメインにしながら、時間を見つけて資格スクエアの授業の確認や過去問の確認をしていきたいと思います。記述試験では民法が毎年二問出題されており、一問は債権法からの出題が続いているようです。なので、行政法の問題を四回解き終わった後は、民法の債権分野の過去問を三回解き直して、合計4回解き直した段階で本番を迎えることにしていきたいと思います。民法の他の分野や商法は後回しにして、行政法の全分野と、民法の債権分野の勉強に集中することで本試験に臨みたいと思います。あとは、時間をみつけて過去問を、時間を計って解くというのを一度はやっておきたいと思います。残り時間も少なくなってきましたが、やることを絞って集中して勉強していきます。

それにしても朝は頭が冴えますね。最近読んだ本でも、朝活の勧めがしてありました。色々と時間的な制約がある中で勉強するからこそ、お酒も入ってなく、他の予定が入らない朝に勉強するのは良いと感じています。試験に向けてコンディションを整えるという意味でも、朝型を意識していきたいと思います。

●行政書士の魅力とは?
●他士業と行政書士との違い。
●行政書士の仕事とは?
Share.

About Author

Leave A Reply