【行政書士試験】2ヶ月合格者がオススメする学習法。

0

行政書士試験合格率が10%以下の難関試験ですが、それでも2ヶ月の勉強で合格した人もいます。資格スクエアの行政書士講座の大内容子先生が、まさにその人。

 

今回は、大内先生がどのような勉強法をオススメするのかを伺ってきました。

 

1.「まず、講義を聴くだけで、合格できるとは思わないこと。」

講義はあくまで補助的なものです。それは、どの予備校の、どの講義でも同じことです。

講義と併せて、テキストを読んでいくことで、独りで読むよりも、確実に、速く、最後まで読み切ることができます。

講義を聴いた後、できるだけ早い時期に、該当箇所のテキストを、自身で読んでください。

その時に、頭に定着します。

 

2.「過去問をマスターすれば、合格できる」

「講義を聴く→テキストを読む→過去問」という単調な作業を、ご自身で、コンスタントに続けていく努力は必要です。

初めて勉強をする方には、それなりに大変な内容かもしれません。

徐々に、それが当たり前になってきますが、もし、このメッセージを読んで、「自分には、無理」と感じる方や、のんびり、数年越しで合格を狙う方には向いていないかもしれません。

 

 

【大内容子先生の授業スタイル】

初めて法律を学ぶ方でも分かりやすいように講義をしていきます。例えば、法律用語を、でなるべく一般的な用語に置き換えたり、身近な具体例を取り入れて解説します。

講義は、テキスト全体を、バランスよく、メリハリをつけて読むためと、分かりにくい箇所を、時間をかけずに理解するために利用するといいでしょう。また、該当箇所の過去問も、講義とあわせて見ていくと効果的です。過去問の効果的な利用法も、講義の中でお伝えします。

短期合格したいというガッツがある方を、全力で応援します。

 

2016行政書士徹底サポート講座

Share.

About Author

Leave A Reply