第1回実務家インタビュー(弁理士)正林 真之先生

0

本日は、弁理士試験で長年指導をしてこられた立場、短期間で弁理士事務所を拡大してきた経営者としての立場から
弁理士の正林先生にインタビューをさせて頂きます。

◇講師としての経験についてお聞きします。

Q1、正林先生は、有名講師として大手資格試験予備校において多くの合格者を輩出された実績をお持ちですが
これまでの経験から感じる弁理士試験指導の問題点を教えてください。

問題点は色々ありますが、一番の問題点は、受験指導に関するノウハウが遅れていることですね。受験者数の少なく、マーケットが小さいため大手予備校がこれまで真剣に考えてこなかったので、司法試験などと比較するとツールや指導方法は未熟ですね。

講師に関しても、専業講師はいますが、プロの講師が少ないのが問題ともいえます。
大学受験の予備校講師のように受からせることを主に考えた講師が少なく
大半の講師が勉強すれば自然に受けると考えていて、受験テクニックを教えるところまでいかない、しかも受験テクニックなどの話をすると邪道と言われてしまう変な世界なので、教材・講師ともにレベルアップが必要だと感じています。

 

Q2、正林先生から見て、合格する生徒と合格できない生徒にはどのような違いがありますでしょうか。

合格者と不合格者を分けるのは、点数でしかなくて、点数に関するこだわりが違うというのを感じます。合格するには、真剣に合格しようと想わないといけないのですが、皆さんは自分は思ってると感じているでしょうが、結果として合格に結びつかない行動をしてるケースが多いですね。

合格する人は素直です、普通は点取り虫だけで受かるのは抵抗がある人が多いですが
実力なくてテクニックで受かるのと、実力があって受からないのでは、実力あって受からない方が悪いことなので、点数に結びつける方法を貪欲にやっていくことが重要で、その点で割り切れる素直な人が合格すると感じますね。

 

Q3、現在、マスター塾を運営され、再び受験指導をされていますが、どのようなお考えで受験指導を再開されたのでしょうか。

先程もキーワードのように申し上げましたが、実力なくて受かるのと、実力があって受からないのでは、実力あって受からない方が100倍も1000倍も悪いことなので、その状態を解消したいというのが理由ですが
受からせるためだけを考えて受験指導をするプロの講師が、私の辞めた後もなかなか出てこないというのがあって、自分でもう一度再開しなければいけないし、この考え方を踏襲してくれる後継者を育てなければいけないと考えたからです。

 

◇弁理士事務所の経営についてお伺いします。

Q4、正林先生は独立されて15年で約200名の所属する事務所へと拡大し、受験指導だけでなく経営者としても素晴らしい実績をお持ちですが、独立時に特に苦労したと感じられたことを教えてください。

クライアントと所員の獲得が挙げられますが、実際は所員の方が重要だったかもしれません。クライアントは営業すれば獲得できますが、所員はなかなか難しいです。
というのも、クライアントで小さい組織を希望される方はいますが、優秀な所員で小さい組織を好んで選ぶ人は少ないので苦労しましたね。

ただ、来るとしても人を見極める選球眼は、重要です。
受験指導を通じて色々な人を見てきたので、その点は役に立ったと思いますね。

 

Q5、現在の飛躍のきっかけとなった一番の要因は何でしょうか。

市場とお金の2点が大事ですね。
市場については、需要がない市場に行っても仕方がないですよね。
昔からの企業は付き合いのある弁理士事務所があるわけで、そこに入り込むのは難しいので、新しくできた産業に入り込んでいけたということが大きな要因です。
ただ、そのためのサーチが重要ですね、自分の得意分野じゃないからと言って諦めるのではなくて、ニーズ・ウォンツを見て、自分を当てはめたのが成功要因です。

お金については、経営者として苦労して稼いだお金も、楽に稼いだお金も同じという考えが大切で、それは試験も一緒です。
楽して取った点数も、苦労して取った点数も同じ1点なので
経営者としてどんな風に稼いでもお金はお金と割り切りとも言える考え方が大切です
苦労して稼ぐことばかり考えても収益が回らないと、採用した社員も不幸になると言えるので、その観点を持つことが重要だと思います。

 

Q6、最後になりますが、これから弁理士を目指す方に一言お願い致します。

皆さんがこれを見ていて、何をしているかということですよね。
有名な先生の話や何か有益なことがあると思って見てるかもしれないですが今、見た時間は帰ってきません。

この記事や動画を見る時に気づいてないかもしれませんが自分の時間を投資しようと決断したわけです。
それは弁理士試験を目指している方も時間を投資しているのは同じです。
皆さんがやっていることは勉強だけじゃなくて、投資をして回収するために一所懸命やっているということなので、貴重な時間を投資しているから頑張ろうと考えた時に初めて時間や仕事の主人になれるわけです。
自分が時間を投資していてそれ以上のものを回収していくと考えていただきたいです。

今日という日は、残りの人生の最初の日ですから、今の気づきがあれば、これからの未来を変えられるので

より良き未来を作っていただきたいと思います。

 

ありがとうございました。

 

 

弁理士の仕事とは?

弁理士試験の勉強法

無料で登録、過去問見放題。

Share.

About Author

Leave A Reply