「合格の先に何がしたいのかイメージできますか?」林 宏明先生インタビュー

0

本日は、林宏明行政書士事務所で行政書士としてお仕事をされている林先生に、行政書士の資格やお仕事についてインタビューさせて頂きます。

Q1、まず始めに、林先生のご経歴をお伺いしてもよろしいでしょうか

工学部の電気工学科を卒業しまして、IT企業に勤めておりました。

資格取得後は、行政書士法人に就職し、その後総合法律事務所で4年間程働いて独立しました。

Q2、行政書士の資格を取得しようと思ったきっかけは何でしょうか?

独立を目標として独立のしやすい資格として興味を持ったのがきっかけですね。

Q3、行政書士試験を受けようと思ったときにまず始めにされたことは何でしょうか?

工学部卒で法律の知識がなかったので、予備校のパンフレットを入手して、合格率・業務内容・試験科目を調べたり、テキストを集めたりしましたね。

Q4、行政書士の資格を取るためにどのような方法で勉強されていましたか?また、勉強時間はどのくらいでしたか?

法律の勉強をどのようにしたらいいかもわからなくて、最初に過去問をやってみたところまったくできませんでした。

資格予備校に通って条文を中心に勉強をしていましたね。

勉強時間は、その当時は不定期な時間で仕事をしていたので、電車移動の間に読むなどトータルで見るとあまりできていなかったかもしれません。

Q5、試験勉強のモチベーションを維持した方法を教えて下さい。

将来的には独立したいと思っていたことがモチベーション維持になったのだと思います。

Q6、勉強をはじめてから資格取得までの期間を教えて下さい。

全体で4年間ですが、最終年が一番勉強したと思います。

Q7、行政書士の資格を取得するにあたり、一番難しかった点を教えて下さい。

条文に慣れていないのと、出題範囲が広くて日常生活に置き換えて覚えることができなかったのが難しかったですね。

Q8、行政書士の資格取得についてですが、振り返ってみてもっとこうしておけば良かったと思うことはありますか?

より効率的に決まった時間の中で勉強をやって、合格した年にはできていたんですが、

休みの日には図書館や自習室を利用することが早くからできてれば良かったと思いますね。

◆行政書士の資格を取得してからのことについてお伺い致します。

Q9、行政書士の資格取得後はどのような業務を中心にされていましたか?

最初に就職した行政書士法人では、建設業や宅建業の許認可が中心でした。総合法律事務所では、入管業務をやっておりました。

Q10、実務をされて資格勉強中とは異なる点があれば教えてください。

勉強した内容と実務がまったく関係ないわけではないですけど、実務は実務でやはり勉強が必要ということでしょうか。

Q11、独立して苦労されたことや独自に工夫された点などがあれば教えて下さい。

独立して半年くらいなんですが、開業準備などの事務関係には苦労しましたね。

工夫した点は、交流会などに積極的に出てお客さんだけでなく他の士業さんから仕事を受けられるようにはしていますね。

Q12、最後になりますが、これから行政書士を目指す方に一言お願い致します。

実務と勉強していることが結びつくものと結びつかないものもありますが、合格の先に何をやりたいのかをイメージしながら勉強するのが良いと思います。

私の場合は、就職をしましたが独立が目標であったので、最終的な目標を持っていれば合格に近づけると思うので皆さん勉強頑張ってください。

ありがとうございました。

●行政書士の魅力とは?
●他士業と行政書士との違い。
●行政書士の仕事とは?
Share.

About Author

Leave A Reply