弁護士と弁理士って何が違うの?

0

討論番組などで弁護士や弁理士がコメンテーターや評論家として出ていることがよくありますが実はこの二つの職業違うってご存知でしたか?今回は弁理士と弁護士の違いとその業務内容について実際に弁理士の亀崎伸宏先生にお伺いしてきました。

弁護士と弁理士の違いって何ですか?

弁護士は、あらゆる分野の法律事務を処理する専門家であり、特許、実用新案、意匠、商標などの知的財産に関する法律事務を処理することもあります。また、弁護士であれば、弁理士が扱うことができる全ての業務を行うことができます。
一方、弁理士は、知的財産に関する専門家であり、特許、実用新案、意匠、商標などの事務手続を代理することができる国家資格保有者になります。弁理士の主な仕事は、「特許、実用新案、意匠、商標に関する特許庁への出願などの手続についての代理」、「知的財産権に関する仲裁事件の手続についての代理」、「特許や著作物に関する権利、技術上の秘密の売買契約、ライセンスなどの契約交渉や契約締結の代理」、「特許法等に規定する訴訟に関する訴訟代理」などになります。

20150225_news101

それぞれの強みはなんですか?

弁護士でなければ取り扱えない独占業務が多数ありますので、弁護士はその独占業務に強みをもっていると感じています。知的財産に関する分野では、例えば、特許、実用新案、意匠、商標などに関する侵害訴訟(裁判所における争い)において代理人になることが、弁護士の独占業務として挙げられます。
一方、弁理士は、理系のバックグラウンドを持っていることが多く、理系の専門性を活用した仕事を行えることに強みをもっていると思います。このことは、技術的思想の創作である発明や考案について、特許権や実用新案権を取得するために弁理士が活用されている実態が裏付けています。
最近では、理系出身の弁護士の先生や、弁理士でもある弁護士の先生も増えてきていますが、そのような弁護士の先生方がわざわざ弁理士の業務を主な仕事としているケースは少なく、弁護士と弁理士とでは、業務範囲が棲み分けされているように感じています。
ちなみに、弁理士であっても、特定侵害訴訟代理業務に関する登録の付記を行うことで、特許、実用新案、意匠、商標などに関する侵害訴訟において、弁護士と共同であれば代理人になることができます。この場合においても、弁理士には理系の知識を生かすことが求められているものと思います。

Share.

About Author

Leave A Reply