YouTubeの動画をテレビで放送することは、著作権に問題はないのか

0

コンビニに陳列されているお菓子の容器内に異物を混入させ、その様子を映した動画をYouTubeにアップするという“つまようじ少年”事件が話題になりましたね。連日のようにテレビで取り上げられ、記憶に残っているのではないでしょうか。

テレビで放送されるYouTubeの動画は、“つまようじ”事件だけに限りません。近年では、ゴールデンタイムのバラエティ番組などでも「世界のおもしろ動画」と題された番組を見かけることも多くなりました。

このような番組を見ていると、「本当にこれ許可とっているのかな?」という疑問を抱くことがあります。今日は知的財産権に詳しい弁理士の亀崎伸宏先生に、「テレビにおけるYouTube動画の利用について」お話を伺いました。

テレビ局は著作権法の違反とならないのか?

― YouTubeにアップした動画を、テレビ局側がテロップを加える、あるいは時系列に並べて編集し、放映するのは著作権法の違反とはならないのでしょうか。

「YouTubeにアップされている動画は、スマホやビデオカメラなどで撮影されたものと考えられますが、そのほとんどは、著作物として著作権法による保護の対象になります。

これは動画の内容とは無関係のことであり、たとえ犯罪者が犯罪行為を撮影した動画であっても、著作権法による保護の対象になります」

「このような動画を著作権者の許諾をとらずにテレビ局が編集して放映しているのであれば、その行為は、翻案権や公衆送信権等の著作権を侵害していることになります。

また、編集の度合が大きい場合には、著作者人格権の一つである同一性保持権を侵害していることになることもあります。

このように、テレビ局の行為は、著作権者等の許諾が無ければ著作権法の違反になってしまいます」

著作権者の意思に反した放送ならば問題がある

20150216_news92

― テレビで放送される番組を動画サイトに投稿することに対して、テレビ局はセンシティブに対応しています(すぐ削除申請がなされます)。自分達のコンテンツに対する扱いは丁寧に対応するのに、他の人がアップしたものを使う行為は、メディアではなく法律側にいらっしゃる先生として倫理的にどう思いますか?

「著作権法の違反になる行為に対しては、著作権者等から訴えや告訴の提起があれば、民事上、刑事上の措置の対象になります。

逆に言いますと、著作権者等から訴えや告訴の提起が無ければ、何のおとがめも無いということです。おそらく、YouTubeにアップされている動画をテレビ局の判断で勝手に放映した場合でありましても、著作権者等から訴えや告訴の提起は無く、多くの場合は何のおとがめも無いかと思います。

ご質問の件ですが、著作権者が嫌がっている場合に、おとがめが無いことを理由にテレビ局が勝手に放映したのであれば倫理的に問題があると私は考えております。

しかし、YouTubeに投稿されている動画は、他人に見てもらうことを目的としたものであり、テレビで取り上げられることは、多くの場合、著作権者から喜ばれることになるのではないでしょうか。著作権者が嫌がっていないのであれば、倫理的に問題はないと思います。

もちろん、著作権者に確認をとらなければその真意は分かるものではなく、全ての動画に当てはまるとも言えません。ですので、テレビ局は、倫理的な問題が生じないよう、動画の内容に応じて放映するかどうかの判断をしたり、場合によっては著作権者に許諾を得たりしているものと考えられます。」と亀崎氏は述べました。

弁理士 亀崎伸宏 プロフィール

亀崎総合特許商標事務所 所長
弁理士受験マスター塾 講師
特定侵害訴訟代理業務付記登録
一級知的財産管理技能士(特許専門業務)
資格スクエア「知的財産管理技能検定2級」講師
Share.

About Author

Leave A Reply