お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 弁理士講座
  3. > 弁理士
  4. > 試験概要
Image073

弁理士の試験を受ける際の免除制度

弁理士の試験を受ける場合には、免除制度があります。弁理士の試験を受ける際の免除制度としては、必須科目である短答試験、論文試験と選択科目にあります。この免除制度の目的は、試験を受ける人の負担を軽減することでしょう。しかし、免除制度そのものは少し複雑になっています。

弁理士 免除

【目次】

必須科目である短答試験、論文試験の免除制度

選択科目の免除制度

 

弁理士の試験を受ける場合には、免除制度があります。
弁理士の試験を受ける際の免除制度としては、必須科目である短答試験、論文試験と選択科目にあります。
この免除制度の目的は、試験を受ける人の負担を軽減することでしょう。
しかし、免除制度そのものは少し複雑になっています。
上手くこの免除制度を利用して、弁理士の試験に受かるようにしましょう。
ここでは、弁理士の試験を受ける際の免除制度の必須科目である短答試験、論文試験と選択科目についてご紹介しましょう。
 

必須科目である短答試験、論文試験の免除制度

必須科目である短答試験、論文試験とも、一度試験に受かると免除に2年間なります
なお、免除制度としては、科目単位を工業所有権について修得して大学院を出た場合などのものもあります。
最終的に1年で試験に受かるのが厳しいと思っている場合は、まず手堅く短答試験から受かる作戦もいいでしょう。
ここでは、具体的な作戦例についてご紹介しましょう。
短答試験は、2017年に受かると2018年、2019年は免除されます。
論文試験・口述試験は、2017年に受からなくても、2018年に受かると、全ての試験に受かるようになります。
この作戦例の場合は、短答試験を2017年5月まで学習、論文試験を2107年夏~2018年7月上旬に学習、口述試験を2018年秋~に学習するというようにすると、全ての試験に受かるようになります。
 

選択科目の免除制度

選択科目が論文試験にはあります。
まず、選択科目の論文式筆記試験に受かった場合は、期間が限定されている必須科目のようなものとは違って、論文式筆記試験に受かった日から免除が永続的になります。
選択科目が免除になる資格などを持っている場合は、ぜひ利用しましょう。
ここでは、選択科目の論文式筆記試験が免除される対象の人についてご紹介しましょう。
・公的な別の資格を持っている人
公的な資格としては、技術士、第一種、第二種電気主任技術者、一級建築士、情報処理技術者、薬剤師、電気通信主任技術者、司法書士、司法試験合格者、行政書士が挙げられます。
・博士、修士あるいは専門職の学位を持っている人
このケースは、弁理士の試験を受ける人の中で最も多くあるものです。
しかし、免除は修士など学位を持っているのみでは足りません。
審査してもらうために、申請して手続きする必要があるため注意しましょう。
審査に受かると、免除になります。
 
 

資格スクエアの弁理士講座