資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 弁理士講座
  3. 受験生向け役立ち動画
  4. 弁理士講座同好会2018.vol.35 実録‼ 林先生は2月 何してた?

弁理士講座同好会2018.vol.35 実録‼ 林先生は2月 何してた?

短答の勉強が始まる区切りの時期である2月の受験生が気になるポイントは2つ

・①「論文の勉強ってまだやっていて良いのか?」

・②「下三法の勉強ってそろそろ始めないと?その勉強時期はいつ?」

林先生は論文自体の勉強はしていない!?

・2月は、余裕がない人は短答一色の勉強で、余裕がある人は論文の勉強も行う

・林先生は”余裕がない人”側だったが、「短答の勉強の中で論文の勉強ができないか?」を考えていた

・”余裕がない人”は、短答の勉強で答えの理由付けや要件検討をする中で「論文に使えるか」を意識

・”余裕がある人”は、週1回くらい答練などで論文を解く機会を‼

林先生はこの時期に下三法の勉強を始めた

・受験1年目は、下三法について2月から勉強を開始した

・受験2年目は、条約は2月から、著作権法・不正競争防止法については3月から勉強を開始した

本番時に自信がないのは勉強の証!!

・直前期1日8~10時間勉強していた林先生でも、いつまでたっても完璧な気はしていなかった

・本番に自信がなくなるのは、できるようになればなるほど自分の間違いが分かるようになるから!!

・自信が持ちにくい、短答の勉強に終わりはない、という前提を忘れずに!!

次回:『あの西さんが弁理士講座同好会のメンバーに⁉』

資料請求


弁理士講座資料請求

必須
必須
必須
必須
【弁理士講座】資料請求(【2021年向け】基礎・短答・論文パック)

お申込みには会員登録が必要です。
※「申込に進む」を押した後、会員登録画面に遷移します。

会員登録済みの方は こちらから ログインして下さい