資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 弁理士講座
  3. 受験生向け役立ち動画
  4. 弁理士講座同好会2018.vol.49 特許侵害を警告された時の対処法

弁理士講座同好会2018.vol.49 特許侵害を警告された時の対処法

もし特許侵害の警告書が届いたら!?

・実は、的を射ない警告が多い

・本当に侵害しているのか、について”冷静に”考えるべし!!

最初にやるべきことは、、、

・特許庁のホームページにいって、警告書に書かれた権利番号を検索すべし!!

・「その特許が実際にあるのか?」「実際の権利として残っているのか?」の確認を!!

実際に存在する権利であった場合でも、まだまだこれから!?

・特許権は、言葉で”権利範囲”が決まっている

・その権利範囲の中に自分が使っている製品・モノが含まれているのか、確認すべし!!

・例)「ペンとキャップを持ったペン」が権利範囲の赤ペンv.s.「キャップがない」黒ペン

確かに権利範囲に含まれている場合でも、諦めるな!!

・出願より前から使っていた場合なら「先使用権を主張」できる!!

・特許権自体をなくす「無効裁判」で争うことも可能!!

・実際には、相手方との相談で、使用をやめて「和解」したり金を払って「使わせてもらっ」たり、、、

次回:『短答式試験1週間前の過ごし方』

資料請求


弁理士講座資料請求

必須
必須
必須
必須
【弁理士講座】資料請求(【2021年向け】基礎・短答・論文パック)

お申込みには会員登録が必要です。
※「申込に進む」を押した後、会員登録画面に遷移します。

会員登録済みの方は こちらから ログインして下さい