お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 弁理士講座
  3. > 弁理士
  4. > 勉強法
Image066

近年高まる知的財産権の重要性について

これまで、日本は豊富な知的財産を持ちながら、それを有効に活用できずにいました。しかし、最近では政府レベルでその保護を打ち出し、知財をもとに日本を元気にしていくのだ、という動きが活発になっています。

近年高まる知的財産権の重要性について|弁理士試験|資格スクエア

【目次】

知的財産の開発が商品開発に不可欠!

今後は予防・紛争業務への関わりも求められる!

 

最近の新聞報道などで、「知財立国」「知財保護」などといった文字をよくみかけるようになりました。これまで、日本は豊富な知的財産を持ちながら、それを有効に活用できずにいました。しかし、最近では政府レベルでその保護を打ち出し、知財をもとに日本を元気にしていくのだ、という動きが活発になっています。
知的財産は、日本経済浮揚のカギを握る存在と言っても過言ではありません。

知的財産の開発が商品開発に不可欠!

日本は、従来から品質を細かに管理することで競争優位性を確保してきた面があり、たとえばトヨタのカイゼン活動などが有名なところです。これは無形のノウハウともいえることから、逆にいえば特許化などの知財保護活動の動きが遅れていたともいえます。
しかし、最近では労働力が豊富でしかも安いアジアの新興国でも日本と同様の製品が作れるようになってきており、単なる無形のノウハウや品質だけではなく、権利という形で知的財産を保護することで優位性を保っていくことが必要になってきました。
知的財産を創造するだけではなく、これを権利として保護し活用していくことが、産業における日本企業の優位性を保持することにつながります。また、そうした意識で活動をしていくことで新たな知的財産を創造していくことにもつながっていきます。知的財産は商品の開発につながるものですし、新産業を生み出すためには、商品の開発が不可欠になってきます。

今後は予防・紛争業務への関わりも求められる!

そうした知的財産に関する意識が高まる中、「弁理士」という資格がこれまでより一層大きな役割を担うことは間違いありません。
これまで、弁理士は従来型の業務である特許の出願代理などの業務を行ってきました。これは権利を取得するその段階でのみかかわってきたといます。
しかし、弁理士の業務の部分でも紹介しているように、弁理士には権利化をどう行っていくか、また、権利化した知的財産をどのように守っていくか、という予防、紛争両方の側面からも知的財産にかかわっていくことが求められるようになってきています。
予防という面では知財コンサルティングや知財戦略の立案といった企画的な業務から、ライセンス契約のチェックといった法務的な業務まで幅広くかかわっていくことが求められています。
また、紛争という面では、特許が侵害され裁判手続きとなったときに、弁護士と一緒に代理人になったり、裁判の方向性を決めていったりといった、経営の中枢にかかわるような意思決定に関与することも求められています。
こうして活躍の場を広げている弁理士ですが、近年ではなぜか受験者数が減少傾向にあり、実務家になる人の数もあまり増えていない状況です。
これはいわばチャンスですので、これから弁理士を目指していくのは一つの有力な選択肢であるといえます。難易度の高い試験だからこそ、目指す価値があるともいえます。

資格スクエアの弁理士講座