資格スクエア

資格スクエア

資格相談ダイヤル:TEL 03-6459-3975

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 弁理士講座
  3. 弁理士試験の難易度&対策

弁理士試験の難易度&対策

弁理士試験は年に1回実施され、受験回数に制限はありません。試験の内容としては、短答式試験論文式試験口述式試験の3つが実施されます。短答式試験は5月中旬、論文式試験は必須科目が7月上旬、選択科目が7月下旬、口述式試験は10月下旬に実施されます。

短答式試験の合格者だけが論文式試験を受験することができ、論文式試験の合格者だけが口述式試験を受験することができる仕組みで、最終的な合格率は10%程度と非常に難易度の高い試験となっています。

短答式試験について

短答式試験は、マークシート方式(5肢択一式)の試験です。いわゆる「ゼロ解答」(五肢に加えて「いずれも該当しない」という選択肢を設けること)はありません。特許・実用新案法から20題、意匠法、商標法、工業所有権に関する条約、著作権法・不正競争防止法からそれぞれ10題の合計60題が出題されます。

総合得点の65%程度を取ることが短答式試験の合格水準となります。ただし、科目別の合格基準を下回る科目が1つでもある場合は不合格となります。この科目別の合格基準は、各科目、概ね40%となっております。各科目に偏らない勉強が必要であるといえます。

弁理士試験における短答式試験の合格率は10%台〜20%台前半と、年によって大きく異なることも特徴の一つです。

論文式試験(必須科目)について

短答式試験合格者及び短答式試験免除者に受験資格が得られる論文式試験。これはまさに論述式によって解答する形式の試験となっております。特許法・実用新案法、意匠法、商標法の3つが必須科目であり、これに加え、選択科目として、理工ⅠからⅤ及び民法があります。

論文式試験は、特許・実用新案のみ2時間の試験時間となっており、その他の科目は1時間30分が試験時間とされております。配点比率は特許・実用新案法が他の科目の2倍の配点が与えられておりますので、特許・実用新案の対策は怠ってはいけません。

また、本番の試験では、弁理士試験用六法が貸与されますので、条文を丸暗記する必要はありませんが、条文のどの辺りに記載されているかといった勘所は試験突破のために必須となりますので、日頃からよく訓練しておくことが必要となります

論文式試験(選択科目)について

理Ⅰ〜理科Ⅴまで及び民法の計6種類の中から出願時に1科目を選んで解答する弁理士試験の論文式選択科目。文系出身の方の多くは民法を選択するのに対して、理系出身の方は、ご自身の得意分野の試験を受験して頂くこととなります。

選択式試験は、一度受かってしまうとその後はずっと免除となりますので、早い段階で選択科目の合格を掴んでおいた方がよいでしょう。「『選択科目』に関する研究により、修士、博士又は専門職の学位を有する方」は免除対象となりますが、工業所有権審議会での審査によって免除資格の認定を受ける必要があります。試験前に特定の手続をとることが必須となりますので注意が必要です。

口述式試験とは?

口述式試験は、試験官3名の前で、口頭で問題を出され、これに答えていく面接方式の試験です。特許・実用新案法、意匠法、商標法の3科目について、各約10分程度の面接が行われます。 試験の際、あらかじめ用意されている弁理士試験用六法を用いることもできますが、六法に記載されている内容をしっかり押さえておくことは最低限必要といえるでしょう。

合格率は9割を超えることがほとんどですが、安心はできません。特に試験本番でパニックになってしまわないよう、模試などを受験して、本番慣れしておくことが必要です。

弁理士試験の最短合格のための攻略スケジュール

弁理士試験は「短答式・論文式・口述式試験」と3つの試験があるので、効率的な勉強計画を立てる必要があります。
難解な法律を理解して、弁理士試験を最短で攻略するにはどのように勉強を進めていけばいいのでしょうか。

12月までは基礎、並行して論文

まずは基礎知識を蓄えましょう。ここで重要なのが論文も同時並行で勉強を進めることです。論文式試験は、短答式試験の後に受けることになるので、後回しにしてしまいがちなのですが、実は短答式試験に合格できるだけの知識量があれば、論文式試験に合格することは可能なのです。

論文式試験は基本的な事項を問われる問題が殆どで、書き方にも「型」があるので、それをキチッと押さえれば合格することが出来ます。しかし、短答式試験が5月にあることや、免除制度の誘惑のせいで、短答式試験のみの合格を目指してしまう受験生が非常に多いのです。

短期で合格するには、基礎固めと同時並行で論文の勉強も始めて、論文式試験の「型」を押さえることが必要です。

 

     分からない部分が多すぎて勉強が進みません。

法律という学問は、全体像を掴まないと理解できない部分が多い特殊な学問です。ですので、100%理解してから次に進むのではなく、分からない部分は思い切って飛ばして、素早く1周することが大事です。

2周目以降も、分からない部分は飛ばし、何周も何周もしましょう。そうすると、全体の理解度が徐々に深まり、最終的に十分合格可能なラインに到達することができます。

1月からは短答対策メイン

弁理士試験の免除制度を最大限に活かすため、短答式試験受験生は、到達点がどのような段階であっても試験を受ける年の1月からは短答式試験の対策に集中しましょう。それまで論文式試験の対策を十分にできていた方は、培った法的思考力、法律の使い方を短答対策に活かすことができます。

数ある難関資格の中でも弁理士試験の短答式試験の難しさは相当なもの。広い範囲の中でも、精緻な知識をインプットするためには徹底的な反復が必須です。過去問を中心に間違えた問題は何度も解くようにしましょう。

短答合格後に、それまで学んできた知識が詰まった状態で論文対策を始めることで、自然と論文力が向上します。短答式試験を試験対策の中心にすえて勉強を続けていって下さい。

口述対策は論文試験が終わってから

弁理士の口述対策は論文式試験に全精力を傾けて、試験を受けた後に行うべきです。なぜなら、口述式試験の合格率は95%近くであり、よほどのことがない限り落ちない試験だからです。

短答式試験と論文式試験を戦い抜いた方なら知識面にまったく不足はありません。むしろ、緊張しすぎや体調を崩すことに気をつけて試験日までを過ごすようにしてください。

口述対策は論文式試験後でまったく問題はありませんが、時間がないのもまた事実です。最終合格を勝ち取るために、合格者による口述模試は必ず受けて、試験がどういったものなのか、ということには触れておくようにしましょう。

2018年向け基礎・短答・論文パック

2019年向け基礎・短答・論文パック

資料請求はこちら