お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 日商簿記検定講座
  3. > 日商簿記検定
  4. > 勉強法
Image020

簿記検定2級・3級の効率勉強法

日商簿記検定で問われる内容は”会計のルール”です。”会計のルール”は、最初はつかみづらい部分もありますが、慣れてくるとやりやすいレベル感です。では、いかにして”入ってきやすいレベル”に到達すればよいのでしょうか。今回は、簿記の効率的勉強法についてお話ししたいと思います。

仕訳をマスターすることが簿記検定2級・3級のマスター!

簿記検定2級・3級の効率勉強法|日商簿記検定 | 資格試験対策なら資格スクエア

簿記検定2級・3級は非常に多くの方が受けるメジャーな資格ですが、合格率は決して高いとは言えません。
そのため、簿記検定2級・3級の受験勉強を始めるに当たっては「効率的な勉強方法」をおさえておいた方が良でしょう。


今回は簿記検定2級・3級の特徴から、効率的といえる勉強方法を考えていきます。


簿記検定の2級・3級の過去問を見てみると、仕訳の問題が非常に多く大半を占めていることがわかると思います。
仕訳とは、簡単に言うとお金の流れを記載するためのルールですが、この仕訳をマスターすることこそ簿記検定合格への道のりと言っても過言ではありません。

仕訳をマスターするためには、2つのステップを乗り越えることが必要です。

まず、取引を見て適切な仕訳方法や勘定科目を思い浮かべるステップで、このステップでは取引を見て「あ!これは○○の仕訳だ!!」というような考え方を身につけます。
そして次のステップでは実際にその仕訳を記入していくことになります。

基本的に重要なのは、前者の「あ!これは○○の仕訳だ!!」と仕訳を思い浮かべるステップでしょう。
これには訓練が必要で、仕訳を定型化していくトレーニングを重ねていくことになります。

木の幹の様に自らの記憶を構成して仕訳をパターン化していくのですが、仕訳を何回も書くことで一つ一つの仕訳が持つ意味をそしっかりとまず理解することから始めましょう。

一番手っ取り早いのは、問題集の利用です。
テキストと問題集をセットで購入して、たとえばテキストの減価償却を勉強したらそれに該当する部分を問題集で何回も繰り返す、というように勉強します。

簿記2級・3級では想定外の問題はほとんど出ることはありません。
問題集のマスターを目指し、アウトプット中心の学習を心がければ簿記試験は短期間で合格することが出来るようになります。

無料メール講座 簿記検定合格ガイド

 

資格スクエア日商簿記検定講座

資格スクエア日商簿記検定3級講座 月額1,000円

資格スクエアの日商簿記検定講座