お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 日商簿記検定講座
  3. > 日商簿記検定
  4. > キャリア・就職
Image068

日商簿記2級・3級はこんな人におすすめ!

本音を言えば、全ての人間に簿記を受験して欲しいと考えています。それは、すべての人間が資本主義・貨幣経済を構成する要素であるからです。ですが、それでは説得力が分散しかねません。そこで、今回はいくつかのターゲットに絞って日商簿記検定をオススメしたいと思います。

キャリアアップにつなげたい人や、仕事で簿記知識を使いたい人は簿記検定を受験しよう

日商簿記2級・3級はこんな人におすすめ!|日商簿記検定 | 資格試験対策なら資格スクエア

日商簿記2級・3級は非常にメジャーな資格です。
多くの社会人にとって、損益計算書貸借対照表を読み解く事は必須のスキルであると言えるでしょう。

そのため簿記2級・3級は全ての社会人・学生にとって有意義な資格になるのですが、中でも次のような方にとっては特に強い力を持ってくれると思います。
 

取引先の状況を正確に理解したい方


相手の会社のことを知るためにはその企業の貸借対照表や損益計算書を紐解く必要がありますが、そこで簿記は非常に大きな威力を発揮してくれるでしょう。
仕訳の出題が多くを占める簿記試験は、この損益計算書や貸借対照表を正確に作れるようになるための試験と捉えることも出来ます。

また、会社によっては簿記資格を有していることによる特別手当がつくこともありますし、簿記知識の活用による業務のスリム化も図れるため、ビジネスパーソンには何かと便利な資格なのです。

 

就職を控える学生

就職活動中の学生にとって、日商簿記2級・3級は非常に大きなアピールポイントになります。

日商簿記2級・3級はビジネスにおいて不可欠ともいえる知識を出題範囲としていますから、その資格を取得している学生はそうでない学生に比べ、かなり有利に就職を進めることが出来ます。
もちろん、日本の就職活動において大きなウエイトを占めるのは人物評価ですから簿記資格を持っているというだけで就職が決まるわけではありませんが、しかし「資格にチャレンジした」「受験勉強に取り組んだ」などということは人物像にもつながりますから、必ずプラスになってくれるでしょう。
 

経営者の方


これから開業しようと思っている方も既に会社を経営されている方も、財務諸表を作ったり読み解いたりという作業は必ずすることになります。
そのため、簿記試験に合格することは絶対に必要といっても過言ではないでしょう。

簿記試験は簿記の知識を体系的に理解することが出来るので、簿記の勉強において最適なツールといえるのです。

 

資格スクエアの日商簿記検定講座