お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 日商簿記検定講座
  3. > 日商簿記検定
  4. > 試験対策
Image093

日商簿記2級・3級に合格するのはどんな人?

どんな資格にもそれぞれ独自の色があります。そして、その独自性をスムーズに受け入れられるか否かは人によって異なってきます。そのため、各資格試験に向き/不向きが存在するのです。では、日商簿記検定2級・3級はどんな”色”を持っており、合格する人の特徴は何なのでしょうか。

慎重な人・数字に強い人・経理部所属の人は簿記検定に強い傾向にある

日商簿記2級・3級に合格するのはどんな人?|日商簿記検定 | 資格試験対策なら資格スクエア

日商簿記2級・3級は非常にメジャーな資格ですが、合格率は3級が40%程度、日商簿記2級が20%程度と結構低めの数値です。

難易度がそこまで高くないからといって気を緩めず、しっかり対策することが必要そうですが、では合格している人にはどのような特徴があるのでしょうか。
成功している人の特徴を知り、可能なところは真似するというプロセスは、自分の成功につながります。  

慎重な人

それ自体は事実なのですが、しかし先に述べた通り日商簿記2級・3級の合格率は意外に低く、半数以上が落ちてしまう試験であるというのもまた事実です。

そのため、しっかりと対策する必要があるのです。

「結構とってる人多いよね」というようなイメージから勉強を怠ってしまう人が非常に多いのが現状ですが、そうではなく「取ってる人多いのだから、絶対に落ちてはならない」と緊張感を持って試験に臨める人が合格するのです。
加えて、その様なマインドを持つ人は簿記試験のテキストを勉強するだけでなく、しっかりと問題集でアウトプットする傾向があるため、合格率がさらにアップするというわけです。
 

数字に強い人

そのため、数字そのものに苦手意識のある人は簿記も苦手に思ってしまうことが少なくありません。

ただし、実際には数字を書き写す作業がメインであり、計算をすると言っても足し算、引き算、掛け算、割り算の四則計算が出来れば問題はありません。
そう考えると自信も出てくるでしょうし、もしそれも不安だという人は小学校算数のテキストをいくつか解くことで、簿記に必要な計算力はつくと思います。

 

経理部所属の人


その仕訳を日常的に行っている経理部の方々は、簿記知識がすでに定着していることもあり、簿記試験の勉強は比較的楽に出来るでしょう。

 

資格スクエアの日商簿記検定講座