お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 日商簿記検定講座
  3. > 日商簿記検定
  4. > キャリア・就職
Image065

日商簿記2級・3級は転職に有利?

労働市場の流動性がますます高まっている今日、”キャリアアップ”や”転職”という言葉もだいぶ馴染みのある言葉となってきました。もちろんのことながら、労働市場での自らの価値を高める上で資格は大きな役割を果たします。それでは、日商簿記検定2級・3級はどれほどの影響力があるのでしょうか。

転職活動で簿記資格は間違いなくプラスの要素!特に経理部では絶対必要な場合も

日商簿記2級・3級は転職に有利?|日商簿記検定 | 資格試験対策なら資格スクエア

前ページでは就職活動と日商簿記2級・3級について見てきましたが、転職活動についてはどうでしょうか。

結論から言うと就職の場合と同じで、簿記資格を持っているからといって必ず転職出来るわけではないけれど、プラスにはたらくのは間違いなし、といった具合です。


ただ、経理部への転職を希望しているという場合には話が少し違ってきます。

経理部ではだいたいどこの企業でも、日商簿記2級・3級を有していることを募集の条件としています。
必須とまではいかなくても所有者を優遇するなどの措置がとられているため、経理部に転職したい人はむしろ日商簿記2級・3級の取得が絶対条件と考えても差し支えないでしょう。

もちろん、どんな部署・業種でも簿記資格はプラスの要素として見てもらえます。

どの部においても会社の状況を適切に把握する能力は非常に大切で、たとえばより安いコストで効率的に製品をつくることの求められる製造部では、適切にQCDを管理していくことが不可欠です。
安いコストと高い品質の維持を図る際には、日商簿記2級・3級で学ぶ工業簿記の考え方が役立ちます。
そこにコストがかかっているのかを把握し、その結果、コスト削減の解決の糸口が見えてくるのです。


どんな仕事でも、簿記知識があって損はしないと思います。
社会人として必要なスキルを身につけ、キャリアアップを目的に受験してみてはいかがでしょうか。

資格スクエアの日商簿記検定講座