お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 日商簿記検定講座
  3. > 日商簿記検定
  4. > 勉強法
Image020

簿記2級・3級の全体像を把握しよう

資格試験においては、その全体像を理解することは非常に重要です。全体像をつかんで初めてGOALを設定したり自分のやるべきことが理解できるからです。それは、日商簿記検定においても同じです。今回は、日商簿記検定の全体像の把握についてお話ししたいと思います。

簿記2級・3級の全体像を把握しよう|日商簿記検定 | 資格試験対策なら資格スクエア

簿記2級・3級の全体像はそれぞれ、当然ですが異なります。

一般的に簿記は財務諸表を正確に作成するための一つのステップです。
そのため、役割としては簿記2級・3級もあまり変わりありません。

ただし、簿記3級と2級の決定的な違いは2級に工業簿記が入ってくることです。
商業簿記に関しては簿記3級と簿記2級はそれ程大きな違いはなく、簿記3級の知識を深掘りしたのが簿記2級という考え方で問題ありません。


簿記3級の全体像としては、まず初めに簿記の大原則である収益・費用・資産・負債・自己資本について学び、それに則った仕訳を学んでいきます。
さらに、仕訳帳などのルールを学んでいきますが、それほど難しい内容ではありません。

簿記2級に関しては、簿記3級の全体像の深掘りと商業簿記分野に工業簿記が加わったものであるという考え方が出来ます。

工業簿記とは要するに、工場で必要になる簿記です。
固定費や変動費など、管理会計にまつわる損益予測の話も出てきますがそれほど難しい出題はなく、簿記2級で登場する範囲ですと商業簿記に比べて得点しやすい内容(より基礎的な出題が多い)となっています。

そのため、簿記2級に合格するには今まで学んできた商業簿記ではなく、むしろ工業簿記に注力した方が良いと言えるでしょう。


重ね重ねになりますが、簿記自身はあくまで財務諸表を作成するために必要な手段です。

簿記を学ぶ際には常に財務諸表をイメージしておくと便利でしょう。
勘定科目のイメージを最終形態である財務諸表に基づいて植え付けることができるので、その基礎である財務諸表の読み方を先に学んだ方が後々勉強が捗りやすくなるのです。

そういう意味では、簿記2級・3級の勉強において財務諸表(貸借対照表損益計算書)をしっかりと学んでおくことで、簿記の全体像がより把握しやすくなるのではないでしょうか。
また、財務諸表を学べば簿記を単なる資格とするのではなく、さらに上の段階すなわち仕事で使える簿記の知識になります。

皆さんもぜひ、簿記を勉強する際には損益計算書や貸借対照表について先に学んでみてください。

そしてこれらの財務諸表を学ぶ際には、それぞれの勘定科目や用語の意味について一つ一つ調べてみましょう。
簿記の勉強が本当に捗ります。

資格スクエアの日商簿記検定講座