資格相談ダイヤル:TEL 03-6459-3975

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法試験講座
  3. > 司法試験
  4. > 入門講座
入門講座のカテゴリー
その他のカテゴリー

司法試験  入門講座

新着順

人気順

第01回 憲法総論

法学には長い歴史的な沿革を経て形成された原理や概念が極めて多いといいます。 憲法について言えば、法の支配、国民主権、基本的人権、権力分立などがその一例になります。

View 107

第12回 表現の自由(2)表現内容規制 表現内容中立規制

表現の自由に対する規制には、表現内容に関する内容規制と、時・場所・方法を規制する内容中立規制とがあります。 これらの規制については、理論的な理解を深める必要があります。

View 82

31回 原告適格・狭義の訴えの利益

講義の前半では、原告適格の有無を判断する際に問題となる「法律上の利益」を認定する方法を検討します。

View 66

第26回 錯誤②(具体的事実の錯誤・抽象的事実の錯誤・因果関係の錯誤)

講義の前半では、具体的事実の錯誤を扱います。具体的事実の錯誤としては、客体の錯誤(人違い)、方法の錯誤(ねらいの外れ)、が問題となります。法定的付合説に立つ場合には、およそ「人」を殺す認識があり、「人」を殺害した限りで、故意は阻却されないということになります。

View 61

第28回 取消訴訟③

この講義では、前回に引き続き、取消訴訟の訴訟要件のうち、処分性について、判例を中心に検討していきます。

View 53

第19回 行政指導②・行政計画

講義の前半では、行政指導について扱います。

View 52

第34回 不作為の違法確認の訴え

講義の前半では、不作為の違法確認の訴えを取り扱います。

View 52

第16回 弁論主義が妥当しない場合〜所有権来歴・経過の事実

講義の前半では、主要事実と間接事実を扱っていきます。主要事実と間接事実の区別について、学説では激しく対立していますが、判例・実務は、法規基準説に立っていると言われています。

View 51

第13回 行政行為の瑕疵

講義の前半では、行政行為の瑕疵について扱っていきます。

View 51

第20回 行政手続法理

この講義では、行政手続を扱います。

View 49

第14回 行政行為の瑕疵②・行政行為の取消し・撤回

講義の前半では、行政行為の瑕疵について扱います。

View 48

第16回 行政行為の附款②・行政上の強制手続

講義の前半では、行政行為の附款について扱います。

View 48

第21回 情報公開・個人情報・国家賠償制度

講義の序盤では、情報公開法について扱います。

View 48

第02回 国民主権、憲法の歴史、基本的人権の意義

今回は日本国憲法の3つの基本原理(国民主権、基本的人権の尊重、平和主義)の一つである「国民主権」についての講義になります。憲法総論の中でも特に重要なポイントで、統治構造論を勉強する時は特に重要になります。

View 47

第18回 行政調査・新しい行政活動・行政契約・行政指導

講義の序盤では、前回に引き続き、行政調査について扱います。

View 47

第36回 実質的当事者訴訟・客観訴訟 ・公物 法・地方公共団体の住民の権利

講義の最初では、まず当事者訴訟の判例を取り扱い、そののちに、当事者訴訟の手続について確認します。

View 47

第27回 取消訴訟②

この講義では取消訴訟の要件のうち、処分性について、判例を中心に検討していきます。

View 46

第35回 差止めの訴え②・当事者訴訟

講義の前半では、最判平成24年2月9日判決の検討を引き続き行い、実際に考慮すgべきポイントを押さえます。

View 46

第06回 二重の基準、違憲審査基準、新しい人権

平成22年の採点実感では、「審査基準とは何であるのかを,まず理解する必要がある」と述べられています。 「違憲審査基準」については,「適用審査」においても通じます。

View 45

第01回 刑法の意義と機能・刑法理論・刑法の基本原則

刑法とは、犯罪と刑罰に関する法であると定義されます。例えば、刑法199条には、「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは5年以上の懲役に処する」と規定されるところ、前半が犯罪に関する部分、後半が刑罰に関する部分です。

View 45

第22回 国家賠償法1条

この講義では、前回に引き続き、国家賠償法1条について扱います。

View 45

第24回 国家賠償制度・損失補償制度

講義の前半では、国家賠償制度について扱います。

View 45

第29回 取消訴訟④

本講義の前半では、判例を参照しながら、行政庁の行為に処分性を肯定または否定する際の考え方を整理します。

View 44

30回 原告適格

本講義では、前回に引き続き原告適格について検討します。

View 44

第32回 取消訴訟の審理

講義の前半では、まず訴えの利益に関する判例を確認します。

View 44

第36回 実質的当事者訴訟・客観訴訟 ・公物 法・地方公共団体の住民の権利

講義の最初では、まず当事者訴訟の判例を取り扱い、そののちに、当事者訴訟の手続について確認します。

View 47

第35回 差止めの訴え②・当事者訴訟

講義の前半では、最判平成24年2月9日判決の検討を引き続き行い、実際に考慮すgべきポイントを押さえます。

View 46

第34回 不作為の違法確認の訴え

講義の前半では、不作為の違法確認の訴えを取り扱います。

View 52

第33回 取消訴訟の終了・取消訴訟以外の抗告訴訟

講義の前半では、前回に引き続き取消訴訟の訴訟審理における特色を取扱い、文書提出義務・文書提出命令、教示制度について解説します。

View 40

第32回 取消訴訟の審理

講義の前半では、まず訴えの利益に関する判例を確認します。

View 44

31回 原告適格・狭義の訴えの利益

講義の前半では、原告適格の有無を判断する際に問題となる「法律上の利益」を認定する方法を検討します。

View 66

30回 原告適格

本講義では、前回に引き続き原告適格について検討します。

View 44

第29回 取消訴訟④

本講義の前半では、判例を参照しながら、行政庁の行為に処分性を肯定または否定する際の考え方を整理します。

View 44

第28回 取消訴訟③

この講義では、前回に引き続き、取消訴訟の訴訟要件のうち、処分性について、判例を中心に検討していきます。

View 53

第27回 取消訴訟②

この講義では取消訴訟の要件のうち、処分性について、判例を中心に検討していきます。

View 46

第26回 行政事件訴訟

この講義では、行政事件訴訟について扱います。

View 41

第25回 損失補償・行政不服申立て

講義の前半では、損失補償について扱います。

View 41

第24回 国家賠償制度・損失補償制度

講義の前半では、国家賠償制度について扱います。

View 45

第23回 国家賠償法2条

この講義では、国家賠償法2条について扱います。

View 40

第22回 国家賠償法1条

この講義では、前回に引き続き、国家賠償法1条について扱います。

View 45

第21回 情報公開・個人情報・国家賠償制度

講義の序盤では、情報公開法について扱います。

View 48

第20回 行政手続法理

この講義では、行政手続を扱います。

View 49

第19回 行政指導②・行政計画

講義の前半では、行政指導について扱います。

View 52

第18回 行政調査・新しい行政活動・行政契約・行政指導

講義の序盤では、前回に引き続き、行政調査について扱います。

View 47

第17回 行政上の強制手続・行政調査

講義の前半では、行政上の強制手続について扱います。

View 42

第16回 行政行為の附款②・行政上の強制手続

講義の前半では、行政行為の附款について扱います。

View 48

第15回 行政行為の取消し・撤回②・行政行為の附款

講義の前半では、行政行為の取消し・撤回について扱います。

View 42

第14回 行政行為の瑕疵②・行政行為の取消し・撤回

講義の前半では、行政行為の瑕疵について扱います。

View 48

第13回 行政行為の瑕疵

講義の前半では、行政行為の瑕疵について扱っていきます。

View 51

第12回 行政裁量論⑤・行政行為の効力

講義の前半では、個別の事案を見ながら、行政裁量における手続的審査について検討していきます。

View 18