資格相談ダイヤル:TEL 03-6459-3975

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 弁理士講座
  3. > 弁理士
弁理士のカテゴリー
その他のカテゴリー

弁理士

人気順

新着順

弁理士を目指す方へ(文系出身の方)

弁理士というと、理系のイメージが強く、文系の出身者が弁理士になっても活躍の場は少ないのではないか、そうお考えの方もいらっしゃるかと存じます。

View 2,916

弁理士試験の勉強に関する質問

Q 働きながら勉強することはできますか? A 弁理士試験の場合、受験生の殆どが社会人で勉強を始めています。時間がない中で勉強時間を捻出し、うまく勉強している方が多いです。資格スクエアのようなオンライン講座も近年受講者数が増えています。

View 2,045

弁理士とは?

「弁理士って何だろう?」という方が多いと思います。知的財産に触れたことのある方であれば聞いたことがあるかも知れませんが、どんな仕事をしている職業なのか、ということは意外と知られていません。

View 1,466

弁理士を目指す方へ(シニア世代編)

女性と並んで今後の日本経済再生の活力とみられているシニア世代。 特に、ここ10年以内に定年を迎える50歳前後の方の中には、セカンドライフをどう過ごそうとお考えの方も多いのではないでしょうか。

View 1,461

弁理士の魅力について

弁理士がどんな職業かが分かったら、次は弁理士の魅力について見ていきましょう。 業務の説明の中でも触れた活躍の幅の広さ、それに加えて弁理士には様々な魅力があります。

View 1,151

弁理士を目指す方へ(女性編)

政府の成長戦略において、「女性の活躍」は大きな一つの柱となっています。 結婚、出産、育児といった人生の一大イベントにより、キャリアの中断が起こる可能性の高い女性には、資格取得は極めてフィットするものです。

View 958

論文式筆記試験について

短答式試験に合格した人だけが受けることのできるのが論文式試験です。 論文式試験では特許、商標、意匠といった基本3法のほかにも選択科目を受ける必要があります。

View 857

短答式筆記試験について

弁理士試験の第1の関門と言える短答式試験。近年では合格率は1割程度にとどまっており、大量に落ちてしまう難関試験となっています。試験の本丸と言える論文式試験に辿り着く前に、この短答式試験の難易度にひるんでしまう人も多いところです。

View 855

弁理士の仕事について

知財の実務経験がなくとも、弁理士事務所や企業の知財部に就職することはできます。 弁理士として活躍している方も、最初は殆どが知財の実務経験がなかったのです。

View 811

弁理士の業務について

Q 付記弁理士とは何でしょうか? A 所定の研修後、特定侵害訴訟代理業務試験に合格し、特許権や意匠権等の侵害訴訟において一定範囲内で訴訟の代理業務を行うことができる弁理士を指します。

View 777

弁理士試験

Q 弁理士試験制度はどうなっていますか? A 【受験資格について】弁理士試験は、難易度こそ高いものの、学歴、年齢、国籍等による制限は一切ありません。

View 725

資格スクエア弁理士講座について

Q 資格スクエアを利用するメリットは何でしょうか? A 資格スクエアでは、圧倒的に品質のよいものを、圧倒的な低価格で提供しております。

View 712

口述試験について

弁理士試験の短答式試験、論文式試験をくぐりぬけた後、最後に口述式試験を受けることになります。通常、10月の後半に実施されるこの試験では、短答式試験、論文式試験をクリアした人に対して法令に関する基本的な質問をしていくことになります。

View 701

弁理士の勉強について

Q 今まで全く法律を学んだことのない素人なのですが、それでも弁理士の勉強ができるでしょうか? A ご心配には及びません。殆どの方は法律の初学者から勉強を始めています。 重要なのは勉強する意欲です。意欲があれば法律の初学者から初めて1年で合格する方もいます。

View 693

弁理士試験の概要

弁理士の業務内容について理解して弁理士にご興味をもった方は、次に、弁理士試験ってどんな試験何だろう?と思われるかと存じます。 そこで、弁理士試験について受験要綱をもとに細かく記載していきます。

View 607

近年高まる知的財産権の重要性について

これまで、日本は豊富な知的財産を持ちながら、それを有効に活用できずにいました。しかし、最近では政府レベルでその保護を打ち出し、知財をもとに日本を元気にしていくのだ、という動きが活発になっています。

View 601

弁理士試験は予備校か独学か

弁理士試験に予備校は必須なのでしょうか?実際に独学で受かった人の記事もよく見るけど、本当に独学でできるのでしょうか。

View 115

弁理士とは知的財産の専門家

知的財産とは、人間の知的活動から生み出されたアイデアや創作物などのことをいいます。身近な例ですと、発明家が思いついた発明や、デザイナーが創作した商品のデザイン、街中で見かけるお店のロゴなどが知的財産に該当します。

View 22

弁理士とは ― 意匠登録出願 ―

あなたが、商品の形状、模様、色彩等に特徴のあるデザイン(意匠)を創作した場合は、それらのデザインについて意匠権を取得することをお薦めします。このような特徴あるデザインは、商品の外観に現れるものなので、それを見た第三者に簡単に真似されてしまうことが多々あります。

View 21

弁理士とは ― 特許出願 ―

もしもあなたが発明をしたら、その発明について特許権を取得することができます。しかし、特許権は発明をした瞬間に自然に発生するものではありません。その発明が特許権を与える価値のある発明であることを特許庁から認めてもらうことで、初めて特許権が発生するのです。

View 19

弁理士とは ― 実用新案登録出願 ―

「製品を開発したけれど、とても特許権を取得できるような製品ではないなぁ…。」このように考えている方は、実用新案権の取得を検討してみましょう。実用新案権は、「考案」を保護する権利です。

View 19

弁理士はどのような学部を出ている人が多いか?

弁理士の場合は、取り扱っている特許が理系のジャンルのものが多いので、8割以上の弁理士が学部としては理工系のものを出ています。

View 16

弁理士の試験を受ける際の免除制度

弁理士の試験を受ける場合には、免除制度があります。弁理士の試験を受ける際の免除制度としては、必須科目である短答試験、論文試験と選択科目にあります。この免除制度の目的は、試験を受ける人の負担を軽減することでしょう。しかし、免除制度そのものは少し複雑になっています。

View 14

弁理士とは ― 商標登録出願 ―

商標とは、業務で取り扱う商品やサービス(役務)の提供元が自分であることを示すマークのことをいいます。商標を使用することで、自分の商品やサービスを他の業者のものと区別することができるようになるのです。

View 10

弁理士の資格を取得すると独立することができるか?

弁理士の資格を取得した人の中には、独立したいと思っている人もいるのではないでしょうか。では、弁理士の資格を取得すると独立することができるのでしょうか?

View 10

資格スクエアの弁理士講座