資格相談ダイヤル:TEL 03-6459-3975

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 司法書士講座
  3. > 司法書士
司法書士のカテゴリー
その他のカテゴリー

司法書士

人気順

新着順

瑕疵担保責任3~損害賠償の範囲~

司法書士試験に出題される民法の債権編では、瑕疵担保責任の損害賠償の範囲について定められています。

View 7,360

現実には、足切りを突破した2200人程度が本当の意味での受験者。

業界一わかりやすい講義の超人気講師三枝りょうの授業が圧倒的低価格

View 6,803

瑕疵担保責任1~目的物は特定物か不特定物か~

司法書士試験に出題される民法の債権編では、瑕疵担保責任について定められています。

View 5,480

解除の効果~無効・取消との違い~

司法書士試験に出題される民法では、契約の効果について定められています。

View 4,225

債権者主義と債務者主義~特定物に関する物権の設定~

司法書士試験に出題される民法では、危険負担の問題について定められています。

View 4,155

瑕疵担保責任2~売主の無過失責任~

司法書士試験に出題される民法では、瑕疵担保責任は無過失責任であると定められています。

View 4,118

司法書士登録するためには

司法書士として独立開業し、事務所を立ち上げるには司法書士会に登録することが必要です。

View 3,480

簡裁代理認定司法書士になるには?

簡易裁判の代理人を務めるためには、司法書士の資格に加えて日本司法書士連合会による研修を受ける必要があります。

View 3,423

過失責任の原則~責めに帰すべき理由があるか~

司法書士試験に出題される民法の債権編では、過失責任の原則を前提として解いています。

View 3,211

請求権競合~2つの損害賠償請求権~

司法書士試験に出題される民法の債権編では、損害賠償請求権の強制について定められています。

View 3,017

解除の効果~履行利益の損害賠償~

司法書士試験に出題される民法では、契約の効果について定められています。

View 2,994

合格者の半分以上は有職者。

司法書士試験には受験資格の制限が無いため、誰でも受けることが出来る。法学部でないと合格出来ないというわけではない。

View 2,717

法律の分類

司法書士試験に向けて法律を知っておく必要があります。私法と公法、一般法と特別法、実体法と分類法のような分け方をします。

View 2,536

司法書士試験合格後の研修

司法書士試験に受かった後、司法書士としての業務に就く場合は司法書士新人研修に参加することが必要です。

View 2,526

一発合格は10%。受験勉強は二年以上を目安に。

司法書士試験を受けるにあたって、自分の目的はしっかりさせておくことが大切です。周囲の人の同意も必要です。

View 2,426

資格融合説と資格併存説~2つの資格はどうなるのか~

司法書士試験で出題される民法に定められる無権代理と相続の問題では、資格融合説と資格併存説という2つの考え方があります。

View 2,280

司法書士試験の勉強方法〜ノート作成〜

司法書士試験の勉強方法として、ノートを作成しておくことはとても重要。自分だけの教材として役立つ。

View 2,190

債務者への通知~指名債権の譲渡の対抗要件~

司法書士試験で出題される民法では、債権譲渡について定められています。

View 2,099

司法書士試験の勉強方法~基本書の使い方~

司法書士試験の教材に基本書というものがあるが、難しいためすぐに使うのは非効率的。法律に慣れてきたら使う。

View 2,057

司法書士は街の法律家

業界一わかりやすい講義の超人気講師三枝りょうの授業が圧倒的低価格

View 2,041

実体法と手続法~約束を守らせるために~

司法書士試験に出題される民法に定められている債権を理解するにあたり、実体法と手続法の区別をおさえておくことが必要です。

View 1,999

きっかけは同窓会。

主婦のSさんは受験勉強中に妊娠し、授乳の合間などに司法書士試験の勉強をしていました。

View 1,873

不動産貸借権の物権化~売買は賃貸借を破る~

司法書士試験で出題される民法では、不動産貸借権が定められています。

View 1,801

帰責事由~なぜ責任をとるのか~

司法書士試験に出題される民法では、利益衡量の原則に基づき、帰責事由について定めています。

View 1,799

利益衡量~2つの利益をはかりにかける~

司法書士試験に出題される民法では、利益衡量の原則に基づき、裁判を進める上での判断基準について定めています。

View 1,788

資格スクエアの司法書士講座