資格相談ダイヤル:TEL 03-6459-3975

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 宅建講座
  3. > 宅建
宅建のカテゴリー
その他のカテゴリー

宅建

新着順

人気順

平成28年度(2016年度)宅建試験 特設ページ 〜気になる合格ラインは?〜

平成28年度(2016年度)宅地建物取引士試験を受験された方への特設ページです。お得情報満載ですので、ぜひご覧ください。

View 36,204

合格率は15%。合格ラインは33〜36点。

宅建試験の試験日は10月頃で、合格ラインは50点満点中大体36程度、合格率はおよそ15%です。

View 5,039

司法試験や公務員の資格保持者が宅建を取得するメリット

過去問を解析した短期集中講義が月3000円からの圧倒的低価格

View 4,085

100時間の勉強を3ヶ月に集中させよ。

過去問を解析した短期集中講義が月3000円からの圧倒的低価格

View 3,998

業者に他する監督処分~免許取消処分~

宅建試験合格後、業務上で法令違反などをすると処分が下されることがあります。

View 3,576

直前一週間は毎日2時間で過去の宅建本試験。6年分の問題を解け!

過去問を解析した短期集中講義が月3000円からの圧倒的低価格

View 3,539

はじめは民法じっくり、直前は宅建業法を丸暗記。

過去問を解析した短期集中講義が月3000円からの圧倒的低価格

View 2,582

2020年の東京オリンピックに向けて持っておきたい資格。

過去問を解析した短期集中講義が月3000円からの圧倒的低価格

View 2,065

少子高齢化も追い風!?

過去問を解析した短期集中講義が月3000円からの圧倒的低価格

View 1,884

35条書面と37条書面に記名押印する取引士が同一である必要はない。

宅建試験合格後、実務にあたると37条書面と呼ばれる書類を作成することがあります。

View 1,575

共有者が共有物に対して出来る行為は、保存行為、管理行為、変更行為の3種類(宅建)

宅建試験に出題される民法では、共有について定めています。

View 1,572

占有権~占有権とは・占有訴権・本権~

宅建試験に出題される民法では、占有権について定めています。

View 1,441

不動産賃借権は20年の占有で取得出来、善意無過失の場合は10年で取得可能(宅建)

宅建試験に出題される民法では、時効について定められています。

View 1,375

業者に他する監督処分~指示処分・業務停止処分~

宅建試験合格後、業務の上で制限を破ると処分が下されることがあります。

View 1,371

独立して働くチャンスを掴める資格

過去問を解析した短期集中講義が月3000円からの圧倒的低価格

View 1,364

絶対的効力を生じる事由~請求・更改・免除・相殺~

宅建試験に出題される民法では、絶対的効力を生じる事由について定めています。

View 1,167

瑕疵担保責任の特約の制限

宅建試験に合格して実務にあたる上で、売主が業者で買主が非業者の場合に適用される8種類制限というものを守る義務があります。

View 1,156

絶対的効力を生じる事由~混同・時効~と相対的効力を生じる事由

宅建試験に出題される民法では、絶対的効力を生じる事由について定めています。

View 1,149

宅建とは宅地建物取引業法に基づいて定められた国家資格である

過去問を解析した短期集中講義が月3000円からの圧倒的低価格

View 1,125

専任媒介契約の規制・指定流通機構への登録

宅建試験に合格後、業務で専任媒介契約を結ぶ場合、業務の報告義務があります。

View 1,056

区分所有建物(マンション)の場合の記載事項。

宅建試験に合格後、業務で重要事項説明書を作成する場合、記載すべき基本的な17事項の他、区分所有建物の場合は9つの事項を付け足します。

View 1,051

指示処分、事務禁止処分、登録消除処分の3パターン。

宅建試験合格後、業務上で法令違反等をした場合には処分が下されることがあります。

View 873

担保物権~留置権・質権~

宅建試験に出題される民法では、担保物権について定めています。

View 860

法人業者には1億円以下の罰金、代表者や従業者には300万円以下の罰金。

宅建試験合格後、業務上で法令違反等をすると処分が下されることがあります。

View 826

連帯債務~分割債務の原則・連帯債務と求償権~

宅建試験に出題される民法では、連帯債務や求償権について定めています。

View 825

平成28年度(2016年度)宅建試験 特設ページ 〜気になる合格ラインは?〜

平成28年度(2016年度)宅地建物取引士試験を受験された方への特設ページです。お得情報満載ですので、ぜひご覧ください。

View 36,204

土地・建物

宅建試験で問われる土地に関する出題は、宅地として利用出来るかどうかという規準で考えるとよいでしょう。

View 216

不当景品類及び不当表示防止法

宅建試験で毎年1問出題される景表法では、不当表示の判断基準やルールをしっかり押さえる必要があります。

View 467

住宅金融支援機構法

宅建試験に出題される住宅金融支援機構法では、住宅金融支援機構の業務の内容が中心とされます。

View 488

不動産鑑定評価・地価公示法

宅建試験で出題される鑑定評価はヤマをかけにくいので、地価公示法に重点をおくとよいでしょう。

View 577

税法

宅建試験に出題される税法は、税金の仕組みと軽減措置、不動産取得税などを中心に学習するとよいでしょう。

View 361

法令上のその他の制限

宅建試験に出題される法令上の制限に関する法には細々と色々なものがありますが、誰の許可をどんなときに取るべきなのかを整理して暗記するようにしましょう。

View 325

土地区画整理法

宅建試験に出題される土地区画整理法では、特に仮換地の指定およびその効果を理解することが重要です。

View 491

宅地造成等規制法

宅建試験に出題される宅地造成等規制法では、宅地造成の意味や宅地造成工事規制区域の理解が正当へのカギになります。

View 464

農地法

宅建試験に出題される農地法では、3条・4条・5条の違いをはっきり理解することが重要です。

View 326

国土利用計画法

宅建試験に出題される国土利用計画法では、主に23条の届出制から問題が作られています。

View 280

建築基準法

宅建試験に出題される建築基準法では、建築確認や確認の要否が特に重要になります。

View 576

都市計画法

宅建試験に出題される都市計画法では、特に用途地域の暗記と理解が重要です。

View 677

不動産登記法

宅建試験では権利関係の問題として不動産登記法からの出題があり、これは対抗要件にもなる登記について定めています。

View 430

区分所有法

宅建試験で出題される区分所有法は、いわゆるマンションにあたる区分所有建物を巡る権利関係を定めています。

View 434

借地借家法

宅建試験で出題される借地借家法では、借地権や借家権の権利関係について定めています。

View 396

民法

宅建試験には宅建業で重要となる権利関係についての出題があり、その大枠を定めているのが民法です。

View 501

保証債務~保証人・保証債務の付従性~

宅建試験に出題される民法では、保証債務やその付従性について定めています。

View 450

絶対的効力を生じる事由~混同・時効~と相対的効力を生じる事由

宅建試験に出題される民法では、絶対的効力を生じる事由について定めています。

View 1,149

絶対的効力を生じる事由~請求・更改・免除・相殺~

宅建試験に出題される民法では、絶対的効力を生じる事由について定めています。

View 1,167

連帯債務~分割債務の原則・連帯債務と求償権~

宅建試験に出題される民法では、連帯債務や求償権について定めています。

View 825

複数人いる解除権者のうち誰かが解除権を放棄した場合には全員の解除権が消滅(宅建)

宅建試験に出題される民法では、解除権や解除権の不可分性について定めています。

View 682

国家が消滅しない限りお金はなくならないため、履行不能にはならない(宅建)

宅建試験に出題される民法では、金銭債務の特則や債務不履行について定めています。

View 265

裁判所は、予定賠償額を増減することが出来ない(宅建)

宅建試験に出題される民法では、債務不履行や損害賠償について定めています。

View 377

債務不履行は契約違反のことで、履行遅滞・履行不能・不完全履行の3つのパターン(宅建)

宅建試験に出題される民法では、履行遅滞や履行不能について定めています。

View 780