お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 宅建講座
  3. > 宅建
宅建のカテゴリー
その他のカテゴリー

宅建

人気順

新着順

平成28年度(2016年度)宅建試験 特設ページ 〜気になる合格ラインは?〜

平成28年度(2016年度)宅地建物取引士試験を受験された方への特設ページです。お得情報満載ですので、ぜひご覧ください。

View 47,918

司法試験や公務員の資格保持者が宅建を取得するメリット

過去問を解析した短期集中講義が月3000円からの圧倒的低価格

View 15,700

直前一週間は毎日2時間で過去の宅建本試験。6年分の問題を解け!

過去問を解析した短期集中講義が月3000円からの圧倒的低価格

View 14,298

共有者が共有物に対して出来る行為は、保存行為、管理行為、変更行為の3種類(宅建)

宅建試験に出題される民法では、共有について定めています。

View 11,944

業者に他する監督処分~免許取消処分~

宅建試験合格後、業務上で法令違反などをすると処分が下されることがあります。

View 11,698

合格率は15%。合格ラインは33〜36点。

宅建試験の試験日は10月頃で、合格ラインは50点満点中大体36程度、合格率はおよそ15%です。

View 9,838

100時間の勉強を3ヶ月に集中させよ。

過去問を解析した短期集中講義が月3000円からの圧倒的低価格

View 8,079

絶対的効力を生じる事由~請求・更改・免除・相殺~

宅建試験に出題される民法では、絶対的効力を生じる事由について定めています。

View 7,721

不動産賃借権は20年の占有で取得出来、善意無過失の場合は10年で取得可能(宅建)

宅建試験に出題される民法では、時効について定められています。

View 7,672

35条書面と37条書面に記名押印する取引士が同一である必要はない。

宅建試験合格後、実務にあたると37条書面と呼ばれる書類を作成することがあります。

View 7,539

瑕疵担保責任の特約の制限

宅建試験に合格して実務にあたる上で、売主が業者で買主が非業者の場合に適用される8種類制限というものを守る義務があります。

View 5,321

絶対的効力を生じる事由~混同・時効~と相対的効力を生じる事由

宅建試験に出題される民法では、絶対的効力を生じる事由について定めています。

View 5,188

はじめは民法じっくり、直前は宅建業法を丸暗記。

過去問を解析した短期集中講義が月3000円からの圧倒的低価格

View 5,132

​詐欺をしたのが相手方か、それとも第三者かによって対応が異なる。​(宅建)

宅建試験に出題される民法では、意思表示によって定められており、第三者の有無や種類に注意が必要です。

View 5,046

無権代理人の相手方には、催告権、取消権、履行または損害賠償請求権がある。(宅建)

宅建試験に出題される民法では、本人の代わりに契約を行う、代理について定められています。

View 4,992

専任媒介契約の規制・指定流通機構への登録

宅建試験に合格後、業務で専任媒介契約を結ぶ場合、業務の報告義務があります。

View 4,983

占有権~占有権とは・占有訴権・本権~

宅建試験に出題される民法では、占有権について定めています。

View 4,808

アパートの賃貸業は宅建業ではない。

宅建試験で出題される宅建業法では、免許の有無によって出来ることが決められています。

View 4,739

業者に他する監督処分~指示処分・業務停止処分~

宅建試験合格後、業務の上で制限を破ると処分が下されることがあります。

View 4,588

抵当権~根抵当権の元本確定期日・元本確定請求・被担保債権の譲渡~

宅建試験に出題される民法では、抵当権について定めています。

View 4,569

表見代理と無権代理のどちらで物事を進めるかは、善意無過失の相手方に判断が委ねられる。(宅建)

宅建試験に出題される民法では、本人の代わりに契約を行う、代理について定められています。

View 4,327

担保物権~留置権・質権~

宅建試験に出題される民法では、担保物権について定めています。

View 4,310

善意の第三者が絡むと話が変わる。(宅建)

宅建試験に出題される民法では、意思表示によって定められており、第三者の有無や種類に注意が必要です。

View 4,302

2020年の東京オリンピックに向けて持っておきたい資格。

過去問を解析した短期集中講義が月3000円からの圧倒的低価格

View 4,205

詐術を用いて契約した場合には、その契約を取り消すことは出来ない。(宅建)

宅建試験に出題される民法では、制限行為能力者の契約行為について定めています。

View 4,176

資格スクエアの宅建講座