お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 知財検定講座
  3. > 知財検定
  4. > キャリア・就職
Image034

知的財産管理技能検定とは~資格の意義ミクロ的視点編~

知財検定は、受験者ひとりひとりといった一個人の視点において魅力的な資格です。個人のキャリアアップやスキルアップに繋がるという面からも、多くのメリットを見出すことが出来るのです。

知的財産権の知識は就職・転職でも、業務の幅を広げる上でも非常に役立つ

知財検定は、日本の国力である技術力を守るというマクロ的視点から見て、非常に有意義な資格です。

それと同時に、受験者ひとりひとりといった一個人の視点においても魅力的な資格でもあります。
個人のキャリアアップやスキルアップに繋がるという面からも、多くのメリットを見出すことが出来るでしょう。


知財検定の2級・3級では、知的財産権に関する基礎的な知識を学ぶことになります。
特許など知的財産管理技能の知識は日本の競争力の源泉になる技術を扱う日本企業にとっても重要度が高く、知財検定のスキルは企業からの需要も非常に高いといえます。

転職や就職で有利になることはもちろん、特に大切な基礎の部分をピンポイントで学べることで、日々生活で目にするものについても法律的な見方が可能になるでしょう。


企業からの需要という面では、弁理士との違いも挙げられます。

弁理士は独占資格ですから、外部からの報酬によって発明事物が第三者により既に特許化されているかどうか調べたり、企業の代理として特許手続きを行います。
しかし知財検定の資格は一般的に、企業の内部で活躍している人を対象としているのです。

たとえば、開発している技術の価値を評価したり、パテントマップ作成や特許化手続き管理を担ったり、ライセンス戦略の立案や営業秘密管理等の業務、特許化によって技術保護をするにあたって有効な戦略の検討などをするのが知的財産管理技能士の仕事です。
つまり、弁理士よりも企業に密着しているという点で、幅広い活躍の場が期待出来るでしょう。


一般の社会人や学生の場合は、就職や転職に有利であること、日常で役立つ知的財産の知識が得られることがメリットです。
一方、企業内部で知的財産権に関わる仕事をしている方にとっては、自らが生み出したり関わったりした技術などはどのようにして会社に帰属していて、どのようにマネジメントすべきかということがわかるようになります。

また、弁理士や弁護士、公認会計士などといった他の国家資格と併せて有することにより、さらなる専門性の強化や信頼向上が可能になって、業績や年収アップが見込めるかもしれません。

銀行に勤めていたり営業職だったりする方であれば、取引先の特許管理を見直すことで特許戦略の立案に加わることや、知的財産権の強みをアピールして商談をスムーズに進めることが期待出来るでしょう。


知財検定は、多くの人にとって非常に有意義な資格なのです。

資格スクエアの知財検定講座