お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 知財検定講座
  3. > 知財検定
  4. > キャリア・就職
Image003

知的財産管理技能士はどんな仕事をしている?

独占資格ではないため仕事内容が多岐に渡っているため、知的財産管理技能士の仕事はわかりにくい傾向にありますが、逆にだからこそ活用の場面がたくさんあるのも事実なのです。また、資格の活かし方が非常に明確でもあるのです。

花形の仕事である特許戦略の立案をはじめ、様々な場面で活躍している

知財検定は知的財産管理技能士としての能力を証明する資格です。

では、知的財産管理技能士の仕事とは具体的にどのようなことをしているのでしょうか。

一般に、知的財産管理技能士は何をしているのかよくわからない、弁理士とは何が違うのか、などと言われるように知的財産管理技能士の仕事はわかりにくい傾向にあります。
独占資格ではないため仕事内容が多岐に渡っているのがその理由の1つですが、だからこそ活用の場面がたくさんあるのも事実なのです。

また、実は資格の活かし方が非常に明確でもあるのです。


最も多い活用の場面としては、やはり企業の法務部への勤務でしょう。
知的財産管理技能士はそもそも、企業内部の知的財産に関する業務を担当する人を対象とした資格ですから、代表的な業務としては特許戦略の立案などが挙げられます。

特許の取得というのは製品ごと特許を取得するわけではなく、製品に使用されている技術を特許として申請することになります。
しかし技術というものは様々な技術の組み合わせですから、技術の中のどの部分を特許申請するのかということが問題になるのです。
そこを誤ってしまうとせっかくの技術も保護されなくなってしまうため、非常に重要なところといえます。

さらに、特許化したとして出願公開しなくては意味がないですし、するとしたらいつするのか、特許化された技術を真似されないための監視体制はどうするか、などという問題がたくさん出てきます。
知的財産管理技能士はこういったことを決めることが仕事なのです。

特許立案以外にも多くの仕事があり、技術や意匠などをどう保護するのか、自分の仕事にはどんな意味があるのかといったことを知り、業務の幅を広げていくことになります。
そういった意味で、知的財産管理技能士の資格は効果があるのです。


今の日本において、知的財産は非常に重要な存在です。
そしてその知的財産を扱うにあたり、知的財産管理技能士は企業内部のマネジメントを担当する大切な役目を負っているのです。

資格スクエアの知財検定講座