お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 知財検定講座
  3. > 知財検定
  4. > キャリア・就職
Image090

知財検定が今!人気の理由

今、知財検定は大きな脚光を浴びるようになってきています。知財検定に社会的な意義が見いだされるようになってきたの理由には、知的財産権というものの価値が大きくなってきたことにあります。

企業の内部で知的財産権をマネジメントする、知的財産管理技能士の需要が高まっている

今、知財検定は大きな脚光を浴びるようになってきています。

それはすなわち、社会的に見て大きな意義があるということですが、社会に必要とされているということは個人にも当然人気ということになります。
需要のある資格を持っていれば就職や転職に有利にはたらきますから、ミクロ単位の注目が集まっているのです

では、どうして知財検定に社会的な意義が見いだされるようになってきたのでしょうか。


その理由の1つは、知的財産権というものの価値が大きくなってきたことにあります。

社会を広く見てみましょう。
私たちの生きている社会には、知的財産が数えきれないほどにあふれています。
コンビニ1つとっても、店内にある商品のすべてにはそれぞれ商標が記載されていますから、それだけの知的財産があるということになります。

こうして知的財産が山ほどある日本ですが、しかしこれらを守っていけるような人材はまだまだ不足しているのが現状です。

自動車産業や化学産業など、日本を支える大企業はどこも特許などの知的財産権を保有していますし、商標はあらゆる企業が持っています。
しかし海外ではトヨタのマークをつけているのにトヨタ製でない車が走っていたり、高級ブランドのヴィトンの偽物バッグが横行していたりと、知的財産権の侵害が顕著になっているのです。

企業にある知的財産権を、どのように守っていくかということが非常に大切になってくるのは言うまでもありません。

となると、企業は弁理士の助けを借りることになるのですが、弁理士は外部から呼ばれて仕事をする存在です。
弁理士に頼りきることは出来ないため企業自体も知的財産権の管理を徹底しなくてはならず、知的財産権に明るい人物が企業内に求められるでしょう。

これこそが、知的財産管理技能士需要が高まっているメカニズムなのです。


知的財産権の管理が、日本企業にとってどれほど重要であるかは一目瞭然です。

企業内で知的財産権を管理する技能を認める国家試験である知財検定は、その人材であることを示す資格と言えるでしょう。
企業の内部で知的財産権を適切にマネジメントしていけるこの資格は、今後ますます人気になると思われます。

資格スクエアの知財検定講座