資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. home
  2. 合格者の声
  3. O.Tさん

O.Tさん

O.T

O.Tさん

予備試験

受験した検定・資格

予備試験

【予備試験を目指したきっかけ】

業務上、法律知識を必要とすることが多くなったため、真剣に法律を学んでみようと思い、勉強を開始しました。

【資格スクエアを選んだ理由】

費用が低廉なことも魅力でした。
他の予備校が実施する模試も受けましたが、資格スクエア口述模試が設問の難易度、誘導の程度、試験官の反応や所要時間等がもっとも実際の口述試験に近かったと思います。

 

【仕事との両立の仕方】

①優先順位の意識
可処分時間に制約があるため、学習計画を立てる際、①必ずやるべき勉強、②時間があればやる勉強といった感じで優先順位を常に意識しました。

②あまり拘らない
予備試験過去問や司法試験過去問等を検討しているとより深く掘り下げて検討したい気になったり、ある程度調べてもどうしても理解できない部分が出てきましたが、これはあくまで試験であり受かることが最優先と考え、一定程度取り組んで進展がなければ見切りをつけて次に進みました。
時間があれば、徹底的に拘って調べる、理解するといったことにも挑戦してみたかったのですが、結果的にはこれが時間の節約につながったのかもしれません。

③勉強できなくても(勉強しなくても)気にしない
仕事の都合や家事の状況により、勉強ができない期間や勉強に身が入らない期間が続くことが少なくなかったため、なんとなく投げ出したい気持ちになることもありましたが、勉強できなかったことや勉強しなかったことはすぐに忘れ、勉強を再開するようにしました。

【行った勉強法】

(1)短答式試験対策
市販の肢別過去問題集や択一六法を用いて知識を確認する。
短答直前期は、予備校の短答答練や短答模試を受け、知識を確認・補充する。

(2)論文式試験対策について
予備試験と司法試験の過去問を繰り返し解く。
答案構成にとどめず、全文作成する。

(3)口述対策について
論文式試験受験後は、論文式の手応えがあまりなかったこと、仕事の都合その他緊張感のゆるみからあまり勉強していなかった(口述対策については皆無だった。)。
論文合格発表後は、各予備校の無料ガイダンス動画等を中心に情報収集を行い、申込可能な予備校の口述模試を可能な限り受けた。
資格スクエア口述模擬試験については、実際に近時の予備試験に合格した講師の方が、模擬試験委員をされており、より実践的な設問、雰囲気やアドバイスが期待できると考え、受講した(資格スクエア口述模試が設問の難易度、誘導の程度、試験官の反応や所要時間等がもっとも実際の口述試験に近かったと思います。)。
口述模試受験以外の口述試験対策としては、過去(2011年から2015年)の口述再現の読み込み、予備試験論文過去問(民法、民訴、刑法、刑訴、実務基礎)の復習、択一過去問(民訴、刑法、刑訴(民法は時間不足で復習できず)の復習。

【その他エピソード】

試験後の手応えはまったくあてにならないと感じました。
手応えがそこそこあったと感じた科目がEやFで、ほとんど期待していなかった科目がBであるといった感じです(2015年は概ね受験後の手応え通りでしたが、2016年は手応えと結果にズレがありました。)。
ですので、試験直前まであきらめずに勉強することはもちろん、試験の最中も科目毎に気持ちを切り替えて、分からなくてもとにかく解答用紙を埋める気持ちでやっていれば良い結果になることも少なくないと思います。

【現役受験生に向けてのアドバイス】

試験問題の難易度と合格の難易はあまり関係しないと思いました。
分からない問題や出来ない問題が出題され、実際にこれらについてさほど良い対処ができたとは言えない状態であったとしても、それまで学習した知識を総動員してこじ付け的に論じれば加点されることがありますし、試験科目が多いからか、1-2科目失敗しても十分に他の科目で取り戻せる試験になっています。
ですので、ご自身の中での予備試験のハードルを高く設定しすぎることなく、与えられた時間の中で優先順位の高いものからこなしていけば、なんとかなると思います。
ぜひ、がんばってください。