資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. home
  2. 合格者の声
  3. A.Mさん

A.Mさん

A.M

A.Mさん

予備試験

受験した検定・資格

予備試験

【予備試験を目指したきっかけ】

予備試験を目指したのは司法試験に向けて弾みや勢いをつけるためでした。
私は法科大学院にすでに入学していたので法科大学院を卒業して司法試験を受けるという道も考えましたが、予備試験でしっかりと勉強しておいた方が途中でだれることなく勉強することができると思い、予備試験を目指しました。
また予備試験で自分の答案を見てもらい評価され、自分の不得意科目を知ったうえで司法試験に臨んだ方が司法試験に合格できる確率が上がるのではないかとも思い予備試験を目指しました。

【資格スクエアを選んだ理由】

口述は試験管との対話で、即座に試験管の意図を把握して自分の言葉でわかりやすく相手に伝えることが大切であることから、このような形式に本番までに少しでも慣れておく必要があると思い、口述模試を利用しました。

【学業との両立の仕方】

大学院の予習復習と予備試験の対策を両立するのは大変でしたが、大学院の勉強も予備試験も結局は司法試験の勉強に結びつくものなので両方とも手を抜かずしっかりと行いました。

【行った勉強法】

①短答式対策について
短答については基礎的な知識に加えて細かい短答用の知識が要求されます。
もっとも細かい知識については、たとえ自分が解けなくても周りも当然解けないことに加え、分からなくても消去法で案外答えが出せたりするのでそこまで気にする必要はないのではないかと思います。
むしろ基本的な重要論点については周りの受験生は当然のように正解してくるのでそこで周りと離されないことが重要だと思います。
あとは大切なのは過去問だと思います。
予備試験では一回試験に出た問題が事案を変えて他の年で出ていることがよくあります。
なので過去問対策はしっかりした方がいいと思います。

 

②論文式試験対策について
論文も大事なのは周りの受験生が当然に知っている基本的な事項について確実に理解することであり、そのためには基本の繰り返しが大切だと思います。
また論文式試験は試験時間が非常にタイトであることから、基本的な問題については事前に準備しておき、試験本番では事案分析や応用問題、答案構成に時間を割くべきだと思います。
また予備試験は旧司法試験と問題形式が似てるので、予備試験の過去問に加え旧司法試験の過去問をやりこむのがいいと思います。
あとは受験生がよく使っている問題集や演習書について一通り目を通しておけば本番で自分だけ知らないという事態は避けられるのでいいと思います。
ただ、マニアックな演習書に手を出すのは非常に危険だと思うので、どんな演習書がいいか予備校の先生や司法試験に合格した先輩に聞いてみるのが良いのではないでしょうか。
私は大学の司法試験に合格した先輩にアドバイスを貰ったりしていました。

 

③口述式試験対策について
口述についてはたくさん練習することだと思います。
口述は言葉のキャッチボールなので出来るだけ会話を途切れさせず、いち早く知識を記憶から引っ張り出し、それをいかに分かりやすく相手に伝えるかが大切になります。
なので私は資格スクエアでの口述模試に加え、同じ口述を受ける友達と協力して口述の練習をしました。
たくさん練習をしたおかげで本番では想像以上に落ち着いて(途中頭が真っ白になることもありましたが)、試験を行うことができました。
口述試験は試験官が目の前におり、しかも1対2方式で緊張感が半端ありませんが、試験管の人もちゃんと手順を追って説明すれば多少変なことを言っても、誘導でなんとかしてくれようとします。
普段の口述の練習では知識を引っ張り出すことに加えて、そのような誘導にのる練習なんかもしてみるといいと思います。
口述本番まではとても胃が痛いですが終わるとこれ以上なく解放された気分になります。
大変ですが頑張ってください

【その他エピソード】

試験は最後まであきらめないことが大切だと思います。
試験の前や試験中もこのままでは受からないのではないか不安に駆られましたが、自分を信じて最後まで諦めずに試験に挑んだ結果無事に合格できました。
あとは周りからの情報に惑わされないことだと思います。
周りからの、ソースもあやふやな情報に振り回されること以上に無意味なことはありません。
その点でも自分の実力や、やってきたことを信じて試験に臨むのがいいと思います

【現役受験生に向けてのアドバイス】

予備試験は合格率も低くなかなかタイトな試験ですが、やることをきちんと行えばちゃんと合格できる試験だと思います。
基本的なことをしっかりと行い、出来るだけたくさんの答案を書くなど書く訓練を積み重ねていってください。
あとは自分の書いた答案を友達や先輩に見てもらうのも有益だと思います。
自分でも気が付かなかった癖や弱点を発見でき、自分の答案を少しずつ改良していくことができます。
その点でも友達と協力し合ってゼミなどの勉強をすることはいいことだと思います。
是非、同じ目標を持つ友達とゼミなどを組んで切磋琢磨していってください。
最後に私も慢心することなく司法試験に合格できるように頑張ります。
お互い大変ですが頑張っていきましょう。