資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. home
  2. 合格者の声
  3. 三原朝利さん

三原朝利さん

三原朝利

三原朝利さん

宅建士

受験した検定・資格

宅建士

人生のリベンジマッチ

私はかつて司法試験の受験をしていました。しかし、最終合格には至らず、一度、法律の勉強を断念しました。それから6年弱。仕事柄、宅建士・司法書士・弁護士など士業の方々にお話を聞く機会が多々ありました。様々な法律のお話を聞く中で、かつては法律の勉強に没頭していた自分をふつふつと思い出しました。そこで、人生のリベンジマッチを旗印に、一番触れる機会の多い宅建士の勉強を開始する決意をしました。勉強を理由に仕事を一分でも疎かにしないこと。誰にも告げることなく、戦いを始めました。

資格スクエアの良さ

まずは、過去問を見ることから始めました。民法の基礎知識は若干あるものの、法律の勉強から6年弱離れており、逆に中途半端な知識は勉強を阻害しました。また、メインの宅建業法の知識は全くなし。これでは司法試験と同じく何年かかっても合格できない。そう思いネットで予備校講座を探したところ、低価格で新進気鋭の資格スクエアを見つけました。
しかし、講座を申し込んだ時点で試験まで2カ月余り。なんとか夜、時間を見つけては講座を受講しました。 
資格スクエアの良い所は、徹底的に効率を追求しているところにあります。レジュメも薄く、頻出ポイントに限って解説講義がなされていました。これを一度聞き、あとは過去問を解く。先生も過去問の重要性を常々おっしゃっていたので講義→過去問を徹底しました。
とはいっても、夜の会合がほぼ毎日あるため時間の捻出が難しく、試験直前期が勝負でした。なんとか税法等も聞き終え、時間を見つけては過去問を繰り返し解きました。

必ず一発合格する。司法試験に何度も落ちた私だからこそ、この合格が人生の再スタートになる。この合格が自信を取り戻す、そしてまた一つ自分の可能性を広げる一歩になる。そう信じ、自らを鼓舞し続けました。

試験を終えて

試験中、最後の2肢で迷うことが多々あったため、完全に落ちたと思い、終了後の自己採点さえできませんでした。しかし、無事に合格していました。
講義→テキスト→過去問。手を広げず、それだけをやり続けた結果だと思います。
資格スクエアのお蔭で、私は法律に対する自信を取り戻すことができました。
「まだまだ夢の途中。」
この自信を糧に、人生のリベンジのためにも今後も再チャレンジを続けていきたいと思います。有難うございました。