資格スクエア

資格スクエア

お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. home
  2. 合格者の声
  3. H.Oさん

H.Oさん

H.O

H.Oさん

司法試験

受験した検定・資格

司法試験

【受講講座】

司法試験過去問 秒速・完全攻略講座

2017年度合格

【司法試験を目指したきっかけ】

私は,小学生の時にテレビドラマ「HERO」を見て,久利生公平という検察官の姿に憧れを抱きました。
その後,中学生時の職場体験で法律事務所を訪問し,そこで働く弁護士たちの「人を助ける姿」を間近で見て,法律家になろうと決意しました。
合格した時はうれしすぎて涙が止まりませんでした。人生で最も嬉しかった瞬間です。

【資格スクエアを選んだ理由】

私は,二度目の挑戦で司法試験に合格することができました。
私は,一度目の合格発表後にすぐさま敗因分析を行い,一度目に採った勉強方法をガラリと変更しました。
具体的には,一度目の挑戦の際ほとんど行わなかった過去問分析を徹底的に行い,試験委員の求めているものを把握し,やるべきことを選別することにしました。
しかし,合格発表のあった9月から,次の試験まで8ヶ月程度しかなく,時間がなかったため,過去問を一人で徹底的に分析するには時間がありませんでした。
そこで,司法試験の過去問分析において,定評のあった,加藤先生の過去問分析講座を受講することにしました。
数ある講座の中から,この講座を受講した理由は,加藤先生のブログ「びょうそくで司法試験」を読んだことにあります。
このブログを一から見たところ,加藤先生の司法試験に対する向き合い方がいかに真剣かがわかりました。
そして,加藤先生の司法試験の分析の仕方が緻密であり,実践的なものだと感じることができ,これしかないと思い,受講に至りました。
この講座では,出題の趣旨と採点実感を読み解き,それに対応する知識を教えてくれます。
その知識は多数の参照文献によって裏付けられています。したがって,過去問の完全解を知ることができます。
その上で,加藤先生が書き下ろした実践的な答案例に基づき,論点の取捨選択等を教えてくださるので,
「試験当日に,合格するためには,何を,どこまで書くか,どう書けばいいか」がわかります。
このように,この講座の完成度が極めて高かったため,私は,過去問を解いて,この講座を聞く以外に特別なことはしませんでした。
また,加藤先生に,資格スクエア上で質問することができます。私は,講座の中で少しでも疑問に思うことがあれば,加藤先生に質問していました。
加藤先生の回答は非常に早く迅速に対応してくれました。また,回答もレジュメ形式でしてくださいました。
このことから,加藤先生が本気で司法試験受験生と向きあってくださっているのだと感じ,勉強に一層身が入りました。
そして,以上のとおり,加藤先生の過去問分析講座が非常に充実した講座であるにもかかわらず,他の予備校のものと比べて,とても安価であったことも驚きでした。
以上から,司法試験を受けるにあたり,また,司法試験に失敗してしまい,勉強方法に悩みを感じている人には,加藤先生の過去問分析講座を受講することをお勧めします。

【学業との両立の仕方】

資格スクエアでは倍速で講義を聞くこともできますし,上記講座自体も1年度1時間〜1時間半程で終わります。
したがって,倍速で講義を聞けば,隙間時間で受講することができ,仕事や学業とも両立することができると思います。

【有効だった勉強法】

私は,二度の受験を通して,この「何を,どこまで書くか,どう書けばいいか」というのが一番重要だと感じました。
知識がたくさんあっても,二時間という制限時間の中では,それをそのまま書くことは不可能であり,実践的な形で知識をインプットし直す必要があります。
この実践的な形で知識をインプットするには,過去問を解き,徹底的に分析する必要があると思います。
この分析の一助となったのが,上記の過去問分析講座でした。
また,今年度,短答式試験について,各所で難化したと言われておりましたが,私は,過去問を繰り返し解くことで,本番でも十分な得点をすることができました。
細かい知識を身につけるよりもまずは過去問を解くことが重要です。

【試験前にやっておけばよかったこと】

記憶の作業をサボってしまい,試験1ヶ月前になってようやく始めたので,本当に焦りました。
記憶の作業は,もっと早く,少なくとも年明けから始めるべきだったと感じました。

【現役受験生に向けてのアドバイス】

まずは,過去問を解いてください。
過去問の年度を言われるだけで,解答の筋が頭に浮かぶくらいになって初めて,演習書などに手をだしてください。