お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 行政書士講座
  3. > 行政書士
  4. > 勉強法
Image049

権力分立と行政・司法国家現象

行政書士試験の出題科目である一般知識等では、権力分立や行政国家現象、司法国家現象についての出題があります。

行政書士試験の出題科目には、一般知識等というものがあります。

範囲の広さが特徴ですが、法令科目と繋げて学習していくと効率的です。

それでは、分野を1つずつ見ていきましょう。
まずは政治の基本的事項、権力分立から調べていきます。

権力分立

権力分立は憲法における統治機構に深く関係しています。
権力が分けられている理由は権力の濫用、単一の国家機関に集中することで国民の権利や自由が侵害されることを防ぐためです。

国家の作用は立法・行政・司法に分けられ、別々の機関同士で均衡と抑制をお互いに保っているため権力が1ヶ所に集まることを避けられます。
特に重要なのが立法と行政の関係で、代表的な制度である議院内閣制と大統領制の違いを押さえておくことが重要でしょう。

議院内閣制は日本も採用している仕組みで、イギリスを代表とする制度です。
国民が選んだ議員から構成される議会は内閣に対し不信任決議権を持ち、内閣は議会を解散することで互いに関係を保っています。
内閣の中心である首相は議会による選出であるため、権力分立の面から見ると緩やかな分離だと言えるでしょう。

対して、アメリカの採用している大統領制ははっきりした分離がされています。
大統領は国民の直接選出であり、議会と大統領の間には不信任制度も解散制度もありません。

行政国家現象

社会が行政の必要性を認識し、行政権が肥大化すると法の執行機関である行政府が国の基本政策における事実上の中心となる現象を、行政国家現象と言います。
この現象は19世紀半ばに司法主義が本格的な発達を迎えたあたりで生じ、政府が社会経済に関与することで自由な市場をある程度管理することで行政権が大きくなりました。

司法国家現象

こちらは裁判所の違憲審査制によって司法権が議会、政府の活動を管理する現象です。
司法国家現象が現れたということはすなわち、法の支配や実質的法治主義の下で裁判所がとても重要な位置づけであるという意味を持っています。

資格スクエアの行政書士講座