お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 行政書士講座
  3. > 行政書士
  4. > 勉強法
Image086

行政不服審査法~不服申立ての種類~

行政書士試験の出題科目である行政法における行政不服審査法では、行政に不服を申し立てる手続を定めています。

行政書士試験の出題科目である行政法には、行政不服審査法という法律があります。

これは不当な行政活動によって国民の権利が侵害されることを防ぐための法律で、ここに含まれるシステムの1つ、行政庁の処分などに対する不服を行政機関に申し立て、違法性や不当性を審査してもらって違法・不当な行為の改善や排除を求める手続を行政不服申立てといいます。

行政不服申立ての種類

行政不服申立てには異議申立て、審査請求、再審査請求があります。

異議申立ては処分や不作為をしている本人に不服を申し立てる手続、審査請求は処分や不作為をしている行政庁ではない他の行政庁に不服を申し立てる手続、再審査請求は審査請求の裁決に不服があった場合に重ねて不服を申し立てる手続です。

異議申立てと審査請求

不服を申し立てようとする場合、異議申立てと審査請求という2つの手段があります。
この2つは原則どちらか1つしか行えず、相互独立主義に基づき1つの処分に対してはどちらかのみになります。

また、審査請求中心主義という原則があります。
処分庁に不服を申し立てるよりも祖霊が義の行政庁に申し立てた方が構成な判断が期待出来るため、処分に対する不服申立ては原則、審査請求によるものとされているのです。
しかし例外として、処分庁に上級行政庁が無い場合、処分庁が主任の大臣や外局などの長である場合、処分庁に上級行政庁があっても法律により異議申立てによるべきとされている場合は、異議申立てとなります。
原則、異議申立てが許可される場合は異議申立全治主義といい、異議申立ての決定を経なければ審査請求することが出来ません。

異議申立てと審査請求の関係はよく問われるので押さえておきましょう。

自由選択主義

不作為に対する不服申立ての場合は「自由選択主義」という考え方が採用されます。
この場合、当事者は異議申立てと審査請求のどちらを取るかを自由に選ぶことが出来るのです。

これは、不作為に対する不服申立てが行政庁に対して事務処理の促進を求めるものであり、直接申し立てた方が迅速で適切な処理を期待出来るからです。

資格スクエアの行政書士講座