資格スクエア

資格スクエア

資格相談ダイヤル:TEL 03-6459-3975

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

  1. 資格スクエア
  2. 行政書士講座
  3. 資格スクエアの学習法
  4. 合格までのスケジュール

合格までのスケジュール

「民法」「行政法」を先取り!

行政書士試験は、300点満点中70%以上が「民法」「行政法」の問題で構成されています。資格スクエアでは、最初から全科目に手を出すのではなく、まずこの2つの科目から始めて着実に足場を固めていきます
法律は初めて、という方もご安心ください。初心者向けコースには、担当の大内容子先生が「法律って何?」というところから丁寧に解説してくれる入門講義をご用意いたしました。また、講義動画には21段階の倍速再生機能も付いているので、「復習時の視聴は倍速で半分の時間で済ませる」「最初は倍速で聞いて、2回目から通常の速度でじっくり聞く」などの時短学習が可能です。

 

初心者向け講座の場合

2月開始スケジュール

① 最初に超入門編になる「サルでもわかる法律入門」からスタートしてください。
  1講義あたり5分程度の短い講義で合計で100分程度です。

② まずは民法から勉強スタートです。講義を視聴して理解度チェックを行いながら学習を進めてください。
  講義がアップロードされるたらすぐに視聴するようにペースを崩さずに進められます。
  2016年版も視聴可能なので、先に学習してしまい2017年版を確認と復習代わりにも学習できます。

③ 4月までは民法と行政法を中心にしっかりと勉強してください。
  民法は5月に入ったら復習へ入ります。講義は倍速機能で視聴できるので時短が可能です。
  憲法、商法の学習もスタートします。学習方法は民法、行政法と同様に進めます。

④ 6月は行政法の復習もスタートです。一般知識の学習も始まります。
  8月からは過去問と合わせて学習していきますので、憲法、商法、一般知識の復習は早めに終わらせてしまいましょう。

⑤ 問題演習機能を活用して徹底的に過去問をこなしてください。わからない点はすぐに講義で復習。
  過去問は民法、行政法を中心に最低5年分は徹底的に解いてください。

⑥ 11月の超直前期は、民法と行政法の重要判例をひたすら復習し、そして過去問をまたやり直します。
  あとは本番でやってきたことをぶつけるだけです。

初心者向けコースはこちら>>



資格スクエアの受講システム