お問い合わせ

全100講義が無料で見放題 会員登録(無料)

会員ログイン

  1. 資格スクエア
  2. > 公務員講座
  3. > 公務員
  4. > 試験対策
Image065

地方公務員について

地方公務員は、憲法によって保障された地方自治体の義務、権利を履行するために、国家公務員よりもより地域に近いところで勤務する公務員です。

地方公務員は、憲法によって保障された地方自治体の義務、権利を履行するために、国家公務員よりもより地域に近いところで勤務する公務員です。
勤務地は多岐に渡り、都道府県庁の勤務から、基礎的自治体である市町村や東京23区(特別区)それぞれの職員として自治体住民の生活のために勤務をします。

採用試験は各自治体独自に行ないます

住民との距離が最大の違いになるため、どのような仕事をしたいかというビジョンに応じてどの自治体で働きたいかを考えてみると良いでしょう。
近年多くなっている受験形態としては、東京都内の一般企業に加えて、郷里の地方公務員試験も受験し、選択肢の幅を広げる方法があります。
地方公務員は地域貢献の強い職業ですから現在居住している、あるいはかつて居住していた地域での受験のほうが有利であるとも言われています。

地方公務員試験は人気の高い試験です

地方公務員試験は、地域住民との距離感、労働の目的対象がはっきりとしていることから、人気の高い試験です。
憲法で保障されている地方自治の観点から各自治体が独自性の高い採用試験を行なったり、より受験をしやすいシステム作りを採用したり、といったことも頻繁に行なわれています。
都道府県庁の採用試験である地方上級試験と市役所試験の日程が違うこともチャンス拡大の施策の一つです。
ただし、自治体それぞれが目的に応じて実施する試験ですから、自治体によっては採用試験のない都市があったり試験日程、試験科目に試験年度によっての相違が出たりといったことも考えられます。
財政状況も、自治体の方針も多様性に富んだものですから、ご自身の経験や、住んでいた頃の記憶だけで簡単に判断をすることも危険です。
早い時期から目星をつけてしっかりと準備をしておくことが必要です。

警察官・消防官は専門の試験があります

警察官・消防官も公務員ですから、当然専門の試験があります。住民の安全、生命に直接かかわる職務ですから、事務方の能力試験とは異なり、高い使命感を期待される職種です。
警察官は都道府県の職員ですが、消防官は基本的に市などの基礎的自治体単位ですので、試験はその自治体単位で行なわれます。

東京都消防庁の職員は消防官採用試験の中でも花形の試験です。この場合は東京都で試験が行なわれます。

国家公務員と違い各自治体での採用になりますから、転勤がないか、ごく限られた範囲の中に限定されることも国家公務員との違いであり、メリットと感じる方もいらっしゃるでしょう。