資格スクエア

司法書士合格に必要な8つの心得



    司法書士合格に必要な8つの心得

    Question

    清水健午さんからのメッセージ

    試験形式別・試験科目別に対策を伝授

    はじめまして、清水健午です。

    私は、司法書士(平成22年合格、平成23年簡裁訴訟代理等能力認定考査合格)、行政書士(平成24年合格)、宅建(平成22年合格)のほか、予備試験や司法試験(平成28年合格)にも合格しており、長く法律系資格の勉強に携わってきました。

    毎年、9月下旬に司法書士試験の筆記試験の合格発表があります。
    なかなか合格できない方もいれば、1度や2度の受験でスッと合格してしまう人もいるのが司法書士試験。

    数々の法律系資格を受験してきた私だからこそ、司法書士試験に特化した対策を皆様にお伝えできるのではないかと思い、本レジュメを作成することにしました。

    本レジュメでは、司法書士試験について各試験形式の対策に加え、各科目別の対策についても簡単に述べています。
    今年の試験で残念な結果になってしまった方は、今後の勉強の指針として、今から勉強を始める方は、今後の勉強計画の題材として、ご利用いただければと思っております。

    具体的に一部抜粋すると、

    記述式対策:不動産登記法
    ・とにかくひな形を覚える!
    テキストに載っている書式や別の書式集を利用する。この時、記載事項について条文も確認できればなお良いが、時間がなければ条文の根拠の確認はやらなくてもいい。登記の目的や登記の原因は文言が決まっているものがあるので、定型の書式で書く必要がある。

    科目別対策:民事訴訟法
    5問中3~4問の正解は目指す。条文を中心に出題されるのでチェックしておく。簡裁での特則などもよく出題されるので必ず確認する。

    といったように、なるべく具体的かつ簡潔に記載するように努めました。

    全7ページのレジュメについて、目次は以下の通り。いろいろな試験を受けた身だから言えることを織り込んでいます。

    目次
    1 知識の習得
    2 短答式試験対策について
    3 記述式試験対策について
    4 先例対策
    5 口述式試験対策について
    6 間違いノートの作成方法
    7 さらに点数を伸ばすために
    8 各科目の対策について

    皆様の司法書士試験の合格を願ってやみません。頑張ってください。

    平成28年司法試験合格 70期司法修習生
    清水健午

    内容詳細

    タイトル 司法書士合格に必要な8つの心得
    内容 数々の法律系資格を受験してきた清水健午さんが司法書士試験について各試験形式の対策に加え、各科目別の対策についても簡単に述べています。
    ページ数 全7ページ
    金額
    (税込)
    800円
    ※本商品はPDFという商品の性質上、返金はできません

    司法書士合格に必要な8つの心得

    購入方法

    以下の購入ページより、
    「司法書士合格に必要な8つの心得」
    をご決済ください。

    購入ページ

    ご決済後、以下のマイページに
    「司法書士合格に必要な8つの心得」
    が表示されますで、そちらからPDFをダウンロードしていただけます。

    マイページ