資格スクエア

8ステップで分かる民法の思考枠組みと答案作成【解答例付き】


    8ステップで分かる
    民法の思考枠組みと答案作成
    【解答例付き】

    特別価格
    1200円にてご提供!

    Question

    岡嶋友也さんからのメッセージ

    暗記では短答は突破できても、論文は突破できない

    司法試験や予備試験の受験生の中で、最も苦手な人が多いのはどの科目でしょうか?

    それは間違いなく民法でしょう。

    「民法を制するものは司法試験を制す」と言われるくらい、民法は受験生にとって難関なのです。

    でも、私はあることに気づいてから、民法の実力が劇的に上がりました。

    たったの8ステップに沿って検討するだけで、民法の答案は自然に出来上がりますし、仮に未知の問題でも、「落ちない」答案を書くことができます。

    本レジュメでは、民法に不安がある方に向けて、8ステップを明らかにしたうえで、事例への具体的な適用方法について解説しています。

    また、最後には論文での解答例もつけていますので、これを読むことで民法の実力が劇的に上がる方もいると思います。(具体例は過去問を題材にした問題が2つ。解答例も2つ付けています)

    具体的には、8ステップというのは、

    ① 当事者が何を欲しがっているのかを考える。お金?物?行為? ・・・(中略)・・・

    という形で、民法の物事を考える順序をステップに落としたものです。

    例えば、

    現在90歳のAは,80歳を超えた辺りから病が急に進行して,判断能力が衰え始め,2年前からしばしば事理弁識能力を欠く状態になった。絵画の好きなAは,事理弁識能力を欠いている時に,画商Bの言うままに,Bの所有する甲絵画を500万円で売買する契約をBと締結し,直ちに履行がされた。

    この事案について,以下の問いに答えよ。

    という事例であっても、この8ステップに沿って検討すると、すごく簡単に答えにたどり着けるのです。

    ともすると問題のパターンを暗記したり、論点を暗記して、力づくで勉強してしまいがちですが、それでは短答は突破できても論文は絶対に突破できません。

    ぜひ、このレジュメを最大限に活用して論文合格をたぐりよせてください。

    皆さんが「得意科目は民法です」と言える日はきっと近いですよ。

    岡嶋友也

    内容詳細

    タイトル 8ステップで分かる民法の思考枠組みと答案作成【解答例付き】
    内容 予備試験経由で司法試験に合格した岡嶋先生が、民法に不安のある方に向けて、8ステップを明らかにしたうえで、事例への具体的な適用方法について解説しています。
    ページ数 全11ページ
    金額
    (税込)
    1,200円
    ※本商品はPDFという商品の性質上、返金はできません

    こんな方におすすめ

    • Under arrow
      民法の答案の書き方がわからない人
    • Under arrow
      民法の点数が安定しない人
    • Under arrow
      初学の段階から答案の書き方を身につけておきたい人

    8ステップで分かる民法の思考枠組みと答案作成【解答例付き】

    購入方法

    以下の購入ページより、
    「8ステップで分かる民法の思考枠組みと答案作成【解答例付き】」
    をご決済ください。

    購入ページ

    ご決済後、以下のマイページに
    「8ステップで分かる民法の思考枠組みと答案作成【解答例付き】」
    が表示されますで、そちらからPDFをダウンロードしていただけます。

    マイページ