世界初 ドローン実技×オンライン学習 オンラインでドローンの実技が習得できるサービスが誕生 受講者にはドローンプレゼント

世界初のドローン実技オンライン講座を2社が実現

ドローンネットと資格スクエアの紹介

こんな人におすすめのサービスです

ドローンに興味があるけど、何からしていいのか…。ドローンを仕事に活かしたいけど、どこで学べるのか…。ドローンの知識や資格を習得したいけど時間がない。自分の移動時間など、隙間時間で勉強したい。まずは、ドローンを自由に操縦できるようになりたい。できるだけ安く、ドローンの資格を取得したい。 そんなお悩みに・・・
おまかせください! この「ドローン操縦入門講座」ですべて解決します!

料金プラン

ドローン操縦入門講座の内容と料金の説明

「ドローン操縦入門講座」を受講するメリット

01安さと質を両立させたオンライン学習サービス 資格スクエアの仕組みを使った学習システムでいつでも、どこでも、何度でも学べる仕組みを実現。
02講義の質をさらに上げる「学習システム」 オリジナルメモ機能(オンラインレジュメ)資格スクエアでは、講義動画と講義のポイントがまとめられた「オンラインレジュメ」が同時に表示されます。講義を聞きながら重要だと思ったことはオンラインレジュメにメモしましょう。オンラインレジュメにはマーカーを引いたり付箋を貼ったり、メモを追加したりして、自分専用にカスタマイズすることができます。  倍速機能 倍速機能で講義時間を短縮21段階の倍速機能により1時間の講義が最大20分まで短縮。1週目は1.2倍速、2周目は1.5倍速などと使い分けることにより、効率よく学習を進められます。
03復習の質を上げる「問題演習機能」 資格スクエアの問題演習機能は、脳科学を利用した独自のアルゴリズムにより、個人の理解度に合わせて問題が提示されます。問題を解けば解くほどあなたにとって最適な問題が自動的にピックアップされるので、従来よりもスムーズに記憶の定着ができます。
04ドローンネットによる細かな実技指導 ドローン業界最先端を走るドローンネットによるドローン操縦に必要な基本を丁寧に動画で説明。何度でも見直しができるから理解しやすくなっています。

イントロダクション

実際の講義



大手メディアも注目!資格スクエアは特許を取得

ドローンのある生活を体験してみてみませんか?

家で飛ばせる・公園で飛ばせる・自撮りできる・上空映像を撮れる・ちょっとしたスペースでドローン遊びができる

よくあるご質問

今回のドローン操縦入門講座はドローンを触ってみようという講座ですので、資格の取得はできません。(現在まだ国で認可された資格は日本にはございません。)
200g以上のドローンを利用する場合には、ドローン規制法に遵守する必要があり、ドローンによってはアマチュア無線免許が必要な場合もあります。
ドローンの本体やコントローラーはセットになっていますので、実際に操作しながら学べる講座となっております。
無料での貸し出しは行っておりませんが、合格後の1時間の無料体験レッスンでは、機体のレンタルは無料となります。
ドローンの機種は「parott社のmambo」です。
100g以下のマイクロドローンが、小回りをきかせながら室内を飛び回り、そこから撮影される映像はとても魅力的なことが特徴の機体となっております。
現状、個人で持っていてもセット販売のみとなりますので、ご希望に添えず恐縮です。
受講期間・動画の視聴期間はご購入日より1年間となっております。
ドローンを初めて操縦する方向けの講座となります。
受講することで、ドローンの操縦の基礎の基礎を学習する事が出来ます。

シラバス

  • 第01回 イントロダクション
  • 第02回 ガイダンス
  • 第03回 実技 機体について
  • 第04回 実技 飛行練習①(目視での基本動作)
  • 第04回 実技 飛行練習②(目視で高さを変えて)
  • 第04回 実技 飛行練習③(目視での高さ変化)
  • 第04回 実技 飛行練習④(FPVでの基本動作)
  • 第04回 実技 飛行練習⑤(FPVで高さを変えて)
  • 第04回 実技 飛行練習⑥(FPVで高さ変化)
  • 第04回 実技 飛行練習⑦(目視とFPVでの撮影)
  • 第05回 撮影データの確認 & END SECTION
  • 第06回 END SECTION
1動画につき5分〜10分程度の動画となっており、全11動画ございます。
人によってまちまちですが、講義としては全部で1時間程度で終わります。
毎日練習すれば2週間〜1ヶ月程度で飛ばせるようになることかと思います。
本講座はドローンを自由に操縦するための架け橋になる講座となります。
知識よりも操縦技術を磨く為に、どのように練習していけばいいのかを
実際にスクールで教えている先生に指導していただいています。

「ドローン操縦入門講座 お問い合わせフォーム」

必須
必須
メールアドレス必須
その他ご不明な点・ご相談