【H27行政書士試験・合格発表】合格者は5,814名、合格率は過去最高の13.1%(2016/1/27)

0

一般財団法人行政書士試験研究センターより平成27年度行政書士試験の合格発表がありました。

 

受験者数は44366人、合格者は5,814名、合格率は13.1%180点が合格点でした。

合格率はこの10年で過去最高値となっております。

 

なお、申込者数は初めて6万人を割り、56,965名。

受験者数は前年より4503名減となり、今後益々の受験者離れが懸念されます。

 

 

【H27行政書士試験の合格率分布】

都道府県別の合格率を見ると、都市部の方が明らかに合格率が高い結果となりました。
特に3大都市圏(東京・名古屋・大阪)の周辺地域が高いです。
やはり、都会には予備校もあり、情報もあるので有利、というのが現実が垣間見れました。

・東京都:15.79%

・愛知県:12.64%

・大阪府:14.01%

 

【H27行政書士試験の受験者属性】

受験者の年代比率は、29歳以下が20.8%、30代が27.0%、40代が26.4%、50代以上が25.8%でした。

それに対して合格者の年代比率は、29歳以下が24.9%、30代が32.9%、40代が25.0%、50代以上が17.2%でした。

20代、30代が有利、40代はやや苦戦、50代以上には厳しい結果となっております。

 

男女別で比較すると、

受験者数:男32,768名:女11,598(2.8:1)

合格数:男4,425名:女1,389名(3.2:1)

合格率:男13.5%:女11.9%

 

というように男性の方が合格率が高い結果となりました。

 

【行政書士に合格した方へ】

資格スクエアでは司法試験講座2期生を募集開始しました。

 

【もう一度チャレンジしたい方へ】
今からでも間に合う行政書士講座が割引き中です。

Share.

About Author

Leave A Reply