目が悪くない人でも、“眼鏡”をかけて勉強して集中力アップ!

0

同じ時間勉強するのであれば、より集中してひとつでも多くの知識を自分のものにしたいですよね。

そんな願いを叶えてくれるのが、眼鏡です。

視力が悪い人はもちろんかけていますが、視力が良い人でも眼鏡をかけて学習することによって集中力がアップするというのです。

 

ただ、眼鏡をかければ良いわけではない…フレームが肝心!

眼鏡をかければなぜ集中力が増すのか…その疑問は、脳科学者の中野信子先生が教えてくれています。

NHKでも放送されたことのある有名な話です。

眼鏡をかければなんでも良いというわけではなく、眼鏡のフレームに注目して選ぶことが肝心だそうです。

フレームの無いタイプの眼鏡や、フレームが細いタイプの眼鏡では、視界の中に自然にフレームが溶け込んでしまい効果が期待できません。

集中力アップを狙うなら、フレームが太くて色も濃いもの…ネイビーやブラウン、ブラックといった色のプラスティックフレームを選びましょう。

メガネのフレームによって視界が限定され、勉強の妨げとなる物を排除できるのです。

眼鏡をかけている人もいない人も、ぜひ存在感のある眼鏡をひとつは用意しましょう。

 

勉強のとき専用の眼鏡を用意することで、特別な時間を作りだそう

お出かけのときに着るお気に入りの服…それに袖を通すだけで、なんだか気分がウキウキしませんか?

毎日の勉強にもそういった楽しみが必要です。

眼鏡を勉強用にひとつ用意することによって、毎日の勉強時の楽しみができますよ。

いつもと違った視界で勉強をすることによって、他のことをして過ごす時間との差別化をはかることができます。

ダラダラと勉強したりマンガを読んだり…という良くない時間の過ごし方をしてしまわないように予防できますよ。

ddd3dad613828f087d6aaaa8edf03129_s

パソコンを使用する人は、ブルーライト削減のレンズにすると更に良し!

学習には、今やパソコンはかかせませんね。

なにかと調べ物をしたり、ノートをパソコンでまとめている人も少なくないでしょう。

パソコン画面から出る光の中には、ブルーライトをいわれる波長の光が含まれています。

その光を長時間見ていると、肩こりや頭痛、眼精疲労といった症状が出てしまうといわれていますので、そのブルーライトをカットするレンズに加工をすると集中して学習をしながら、自分の健康にも気遣うことが出来て一石二鳥なのではないでしょうか。

いかがでしたか?

眼鏡なんて…と思っている方も、ぜひお試しあれ!

 

【試験勉強に関するご相談募集中!】

あなたの資格・試験勉強は8割がムダ!

Share.

About Author

Leave A Reply