財務諸表、読めますか?簿記を学んでワンランク上のビジネスマンに!

0


企業規模の大小・業種・業態を問わず、経営活動の記録、計算、整理をして、経営成績と財務状態を明らかにするスキルである「簿記」。簿記を学ぶことによって、企業がどのようにして資金を集め、それを何に使用しているかが理解できるようになります。

企業によっては、日商簿記の資格取得を昇進の条件にしているということも少なくないようです。今回は、そんな現代ビジネスマンの必須技能となりつつある簿記について紹介していきます!

級によってできることの目安は?

簿記検定は3級から1級までに分かれ、それぞれ身につくスキルレベルが違うことが特徴としてあげられます。まずはレベルを見極め、目標設定をしてみましょう。

簿記3級で身につくスキル

スクリーンショット 2014-11-04 22.16.05
3級では中小企業の経理事務などで役立つ基本知識を身につけることができます。勘定科目や仕訳から、損益計算書、貸借対照表を作成するまでを学び、経理関連書類を読み取って、取引企業の経営状態を数字で理解できるようになります。営業や管理部門の必須ノウハウとして、取得を積極的にすすめている企業が増加しています。

簿記2級で身につくスキル

スクリーンショット 2014-11-04 22.16.20
2級では、商業簿記に加えて工業簿記を勉強します。財務諸表を読む力はここで身につけることができ、株式会社の経営管理において役立てることができます。工業簿記では商品の仕入れ・販売だけではなく、加工して商品として売る過程が含まれています。

簿記1級で身につくスキル

スクリーンショット 2014-11-04 22.16.27
商業・工業簿記、原価計算、会計学を修得して、企業会計や財務諸表規則に関する法規を理解することにより、経営管理・経営分析ができるようになります。これにより、子会社との連結決算、銀行などの複雑な取引を行う会社の決算業務も可能となります。さらにステップアップを望む場合は、税理士や公認会計士の資格取得を目指すとよいでしょう。

財務諸表を読み解ければ、強力な武器に!

損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書の3つを理解することができれば、その会社が上手くいっているのかを簡単に知る事ができるようになります。この知識は、就職や転職で企業を見分ける判断基準としても活用できるでしょう。

もし財務諸表を実際に見て勉強したいという方は、上場している企業のホームページを調べると公開されていますので、チェックしてみてください。また、財務諸表を読むスキルとしては大阪商工会議所主催の「ビジネス会計検定」というものもあるので、それはまた次回に!!

Share.

About Author

Leave A Reply