カフェの電源を勝手に使ったら違法なのか

0

スマートフォンを肌身離さず持ち歩いている方も多いかと思います。

気になるのはバッテリーの残量。半分以下になってくると冷や汗が出てきてしまう、なんて方もいらっしゃるかと思います。

ふらっと立ち寄った喫茶店の足下にはコンセントが。「勝手に使って良いのかな…」と思いつつも充電ケーブルをコンセントへ挿す。

このように勝手にお店のコンセントから充電する行為は法に抵触しないのでしょうか?

今日は行政書士の山田先生に話を伺いました。

0a9ceb0325f4a1507b2fbdb2ebaeec59_s

ー明らかに客の利用を想定していないコンセントから充電することは違法になるのでしょうか?

いわゆる電気窃盗(盗電)として、刑法上の窃盗罪が成立し得ますので、当然違法になり得ます。

窃盗罪については、刑法第235条が「他人の『財物』を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。」と規定しています。

電気がこの「財物」に当たるのかが以前問題となりましたが、現在は立法により解決されております。

すなわち、刑法第245条が「この章の罪については、電気は、財物とみなす。」と明確に規定しておりますので、明らかに客が利用することを想定していないと思われるコンセントを無断で使用すれば、電気窃盗として窃盗罪に問われる可能性が高いでしょう。

なお、上記刑法第245条の「この章の罪」には窃盗罪のみならず強盗罪なども含まれておりますので、注意が必要です。

コンセントを使用する際に店の人を脅したりすると強盗罪が成立してしまう可能性がありますし、コンセントの無断使用を店の人に咎められたときに、それに対して店の人を脅したり突き飛ばしたりすると、事後強盗として強盗罪に問われたり、最悪の場合には強盗致傷罪が成立したりして、知らぬ間にかなりの凶悪犯になってしまいます。

 

ー充電をしても良いという判断をするにはどのような場合によるのでしょうか?

客が自由に使用してよい旨の表示があるコンセントを使用するのが安全ですが、客観的にみて客が使用するために設置されていることが明らかなコンセントであれば、特にそのような表示がなくても使用してよい場合もあります。

例えば、新幹線等のシートには各座席用のコンセントが設置されていることが多いですが、これについては、仮に乗客が自由に使用してよい旨の表示がなかったとしても、使用して構わないでしょう。

逆に、同じ新幹線の車内にあるコンセントであっても、シートの下に設置されているようなコンセントについては、乗客が自由に使用するために設置されているものではなく、車内清掃などの際に利用するための業務用のコンセントと考えられますから、そのようなコンセントを無断で使用すると、電気窃盗となり得ます。

設置場所が異なるだけで同一の車両内に設置されているコンセントですから、電気の供給元は同じ電線だと思いますが、だからといって自由にどのコンセントを使用しても良いというわけではないのです。

もちろん、店員さんなどに使用の可否を尋ねることが可能である場合には、確認した上で使用するべきであることは言うまでもありません。

上記は、そのような人が見当たらないような場合の判断基準とお考えください。

行政書士 山田 健太郎先生プロフィール

東京都行政書士会所属
昭和50年8月16日生まれ 神奈川県横浜市出身
東京大学工学部化学システム工学科卒業(工学士)
青山学院大学専門職大学院法務研究科法務専攻修了(法務博士)
Share.

About Author

Leave A Reply