これって労災?いつもは電車通勤。今日にかぎって自転車通勤で転倒

0

平日は自宅から会社までJRを使って通勤していますが、新しい自転車を購入したので自転車で通勤してみることにしました。

自宅を出て順調に走り出しましたが、会社近くの交差点を渡ったところで転倒。足を強くひねり捻挫してしまいました。

通勤途中ではあるものの、いつもとは違う通勤方法。この場合、労災扱いになるのでしょうか。今回は、労災のポイントについて社労士の岡部先生に伺いました。

08693341fdebd2a46c9609dd0f583010_s

 普段は電車通勤をしているものの今日に限って自転車通勤。この場合、労災扱いになるのでしょうか。

労災と認められる可能性があります。このケースの場合は、「通勤災害」として労災保険給付の対象となるかどうかが問題となります。そのためには、まず「通勤」と認定されなければなりません。「通勤」とは、労働者が、就業に関し、住居と就業の場所との間の往復などを、合理的な経路及び方法により行うことを言います。この合理的な経路及び方法は、次のように解釈されています。

合理的な経路とは、乗車定期券に表示され、あるいは、会社に届け出ているような、鉄道、バス等の通常利用する経路及び通常これに代替することが考えられる経路などを言い、合理的な方法とは、その労働者が平常用いているか否かにかかわらず、鉄道、バス等の公共交通機関を利用し、自動車、自転車等を本来の用法に従って使用する場合、徒歩の場合等、通常用いられる交通方法を言います。

したがって、合理的な経路や方法はひとつに限られたものではなく、複数の経路や方法が該当することになるわけです。このケースの場合でも、通常用いていないからと言って、自転車を使用することが即合理的な方法でないということにはなりませんし、遠回りなどをしなければ合理的な経路と認められますので、労災と認定される可能性があるということになります。

ただし、進入禁止などの標識を無視して事故に遭ったり、飲酒運転などのように法令違反等があった場合は、重大な過失となり、支給制限が行われることになります。

最後に、自転車で通勤することにより疲弊し業務に支障が出る場合などは、職務専念義務違反となり、懲戒の対象となることもありますので、業務に支障をきたさない範囲で、通勤は安全に行いましょう。

特定社会保険労務士 岡部健史 先生プロフィール

Share.

About Author

Leave A Reply