司法試験の試験テクニック38箇条(シケテク38)【モチベーション維持編】

0

資格スクエアが提唱している「2割の努力で8割の効果を上げる勉強法」を38箇条にしてまとめました。

【モチベーション維持編】

20.モチベーション維持のコツは「監視」「競争」「危機感」
特に説明することもない用語をあげましたが、この環境を用意することが大変です。
監視役をつける、模試には参加する、高めな勉強目標をたてる、など、独自で工夫してみてください。

21.監視を取り入れるには、人に受験のことを言え
SNS上で「禁煙宣言」や「ダイエット宣言」などをやっている人がいるように、周りの人に「受験宣言」をすることは有効です。

22.受験仲間にも監視してもらえ
スケジュール目標や勉強量を報告しあうなどしてお互いを監視しましょう。

23.仲間との競争が肝だがレベルの低い仲間と競争するな。全員落ちる
読んでその通りです。どこのコミュニティに属するかで合否の可能性が決まります。

24.危機感は自分で醸成せよ。自分でデッドラインを決める
「落ちたらどうしよう」という漠然とした危機感はただ「不安」を募らせるだけです。
緻密な勉強計画をたてて、マイルストーンの進捗度合いを測ることで「危機感」を作るのです。

資格スクエアの司法試験講座

Share.

About Author

Leave A Reply