司法試験の試験テクニック38箇条(シケテク38)【択一式の勉強法編】

0

択一試験は広く浅い知識を問うもの、論述式試験は狭く深い知識を問うものですので、両者はヤマの見つけ方がまったく異なります。

また、択一式の本質は「間違いを見つけること」とおぼえておきましょう。
誤っているものを判定する作業よりも、正しいものを判定する作業の方が難しいです。

そこで、資格スクエアが提唱している「2割の努力で8割の効果を上げる勉強法」を38箇条にしてまとめました。

【択一式の勉強法】

25.断定的な肢は疑ってかかれ。殆ど間違い
26.誤りを探す問題の方が正しい肢を探す問題より簡単
27.個数問題には時間をかけすぎるな
28.最後の2つの肢まで絞れたら、他の受験生が選びそうな肢を選べ
29.見当がつかない場合でも、確実に切れる肢はまず切っておけ

資格スクエアの司法試験講座

Share.

About Author

Leave A Reply