宅建が士業の仲間入り!宅地建物取引士ってどんな資格なの?

1

 
みなさん、「宅建」という資格をご存知ですか?この資格の正式名は「宅地建物取引士」というもので、宅地建物取引業法に基づいた国家資格です。宅地や建物の売買などの不動産取引の際に、重要事項の説明などを行います。

この資格が法律の改正により2015年4月に「宅地建物取引士」から「宅地建物取引士」に名称を変更することが決定しました。「取引士」から「取引士」となることで一体何が変わるのか?今回はこちらを解説していきます。

取引士に名称変更する理由は?

Writting the word text on blackboard
名称を宅地建物取引士に変更することの狙いは、一定の責任や義務の強化にあります。その背景として、都心部の新築住宅は現在すでに飽和状態にあり、逆に中古住宅を活用したリノベーション物件に人々の注目が集まっているという状況が理由としてあげられます。

高齢化社会になっていくことを考慮すると、こういった中古住宅を信頼できるプロフェッシッョナルである宅地建物取引士によって循環させることにより、国民の経済的負担や、環境的負担を減らすことができるというメリットがあるのです。

ちなみに、現在「宅地建物取引士」の資格を持っている人は、そのまま無試験で「宅地建物取引士」へと移行することが可能です。

宅建がさらに人気資格になるかも…

PEZ_tuutenkaku500-thumb-1049x700-5031
現在、日本の主要企業が取得を奨励している資格の中でトップなのが、実はこの宅建資格。宅地建物取引を行っている企業では、従業員5人に1人以上の割合でこの資格の取得者が必要なのです。

また、年齢・性別・国籍・学歴などの制限がなく、誰でも受験できる点や、資格手当がもらえるケースが多いのも根強い人気の理由となっています。不動産業だけではなく、金融業など他の業種でも、法律系国家資格の登竜門として受験する人も少なくありません。

平成26年3月末のデータでは、資格登録者数は約94万人。そのうち約29万人が宅建業に従事しているとのことです。平均年収が500万円以上と高水準な業界ですが、今後名称が変更し、弁護士や行政書士などと同じ「士業」の仲間入りをすることによって、さらに人気が高まっていくことが予想されます。

まとめ

PAK15_notepenhikkiyougu20140312500-thumb-923x600-4327
益々活躍の場が広がっていく宅建資格。今回の改正により法律には「信用失墜行為の禁止」や「必要な知識及び能力の向上に努めなければならない」など新たな文言も加わりました。

宅地建物取引士を目指す方は、業務の多様化、試験の難化に伴ってより一層の努力が求められることになりますが、知識や経験を備えた信頼される資格保有者となることができれば、大幅な収入アップなど、それに比例した見返りが待っています。

さらに、業務範囲の拡大に伴って、今後独立する資格保有者が増えることも予想されます。業界全体が盛り上がり、その将来性への期待が一層の高まりを見せる宅建資格から目が離せません!

Share.

About Author

1件のコメント

Leave A Reply