転職それとも社内異動?30代、キャリア形成に悩むとき

0

こんにちは。資格スクエアマガジン編集部です。

30代ってキャリア形成に悩む時期だと思いませんか?経験もあり部下もいる。ポテンシャルよりも経験重視。

転職するとしたら、どこに転職するかの選択は慎重にならざるを得ません。今までの経験を活かせる場がいいですよね。

異動するとしたら、資格を取得して社内異動の希望を出すかどうか悩んだりします。資格を取るには勉強時間が必要です。

今日は、そんな悩み多き30代のキャリア形成について考えてみます。

 

■33歳営業職のAさん。大手企業からベンチャーへ転職

Aさんは明るく健康的で笑顔が爽やかな男性。大手企業で営業職を経験後、ベンチャーに転職しました。ベンチャーでの仕事は今までと異なり、幅広い仕事に関わることができます。ただし将来が不安定。会社の成長とAさんのキャリアが重なります。それがチャレンジなところでもあるのですが、会社に万が一があったときはどうしよう?そんな風にも感じています。

■34歳のBさん。宅建の資格を取り給料アップを目指す

Bさんは不動産の営業マン。中途採用で不動産業界へ転職。初めての不動産業界でしたが、持ち前の明るさと前向きさで新規開拓を進めます。入社してすぐに上司から宅建の資格を取ることを勧められます。「資格か。今さら勉強できるかな?」と思いましたが、手当が付くことを知り資格取得を決意します。

 

Aさん、Bさんともに、よくある事例だと思いませんか。

30代はライフイベントが重なります。結婚、子育てなどです。さらに転職が加わると、どのタイミングでどの選択肢を選ぶべきか悩みますよね。

転職するにしても、社内異動を希望するにしても、「何を大事にするか」「何を優先させるか」を明確にする必要があるかもしれません。

例えば、以下の基軸で仕事を評価できるかもしれません。

・給料

・プライベートで自由になる時間

・仕事の拘束時間

・通勤時間

・やりがい

などです。

Aさんの場合は、「やりがい」を重視して将来の可能性に「給料」を委ねたのかもしれません。「プライベートで自由になる時間」は優先度を低めにして「やりがい」を第一に挙げたともいえます。

Bさんの場合は、「給料」を重視して資格取得を目指したのかもしれません。資格取得に伴い、勉強する必要があるのですが、「プライベートで自由になる時間」を一時的に犠牲にして「給料」を第一に挙げたともいえます。

もしあなたがキャリア形成に悩んでいるとしたら、何を大事にするかを明確にする必要があるかもしれません。

そこが見えたらやるべきことが整理できるはず。

応援しています!

Share.

About Author

Leave A Reply