二回試験の恐怖 はてなブックマーク数 - 二回試験の恐怖

インフルエンザが大流行していますね。 受験時代は、毎年この時期は用心していました。予防注射も必ず打つようにしていました。と言っても、私は子供のころから欠かしたことないんですけどね。 でも、今年は、打ってないです。打つの忘れました。もう、いまさら打ったところでと思っています。 本当に体調には気を付けてほしいです。 私の友人で、試...

執行・保全・倒産修習の思い出 はてなブックマーク数 - 執行・保全・倒産修習の思い出

大阪での修習がよかった理由 さて、大阪での修習、何が良かったのかというと、街や人の雰囲気というのもあると思います。どこに行っても気さくに話しかけられますし、こちらとしても話しかけやすいですしね。 また、街がコンパクトなのがよかったです。歩いても行けますしね。あとは、秋だったので、気候もよくて、その辺でさらに脚色されているのかも...

大阪での渉外修習 はてなブックマーク数 - 大阪での渉外修習

司法修習について、導入修習、実務修習、集合修習とお伝えしてきましたが、いよいよ、選択型修習です。以前にもお話ししたように、選択型修習の全国プログラムでは、私は大阪での渉外修習を選んだのです。 これは、大正解でしたね。修習の中で一番の思い出がここにあるといっても過言ではないです。それくらい、楽しい思いをしました。 今でも、たまに...

選択修習のおもしろさ はてなブックマーク数 - 選択修習のおもしろさ

このブログでは、司法修習についてお話してきましたが、先日、修習で同期の50代のおじさんにこう言われました。「ブログで、さも真面目に修習やってきましたというようなこと書いているけど、全然違うでしょ」と。 失礼なことを言いますよ。どれだけ、二回試験で山を当てて、助けたことか。。。 愚痴はこのぐらいにして、今回は、選択修習についてお...

よくある質問に答えました はてなブックマーク数 - よくある質問に答えました

このブログを読んでいただけているんですね。いやーよかった。何が良かったかというと、校閲というか検閲に引っかからなかったという事です。 今回の記事、申し訳ないですが、勉強とはかけ離れた内容です。私によく寄せられる質問にお答えした形となっております。 たまには、こんな記事があってもいいかなと思って書いてみました。お付き合いいただけ...

民法改正と司法試験 はてなブックマーク数 - 民法改正と司法試験

正式に、平成32年(平成ではない気がしますが・・・)から、改正民法で予備試験が実施されるということが決まりましたね。 これは、なんとしても、今年の予備試験に合格して、来年の司法試験に合格しなければいけなくなりましたね。というのも、来年、つまり平成31年の予備試験に合格して、平成32年の司法試験を受験という形になると、予備試験の...

88.7チャンネルと独学部 はてなブックマーク数 - 88.7チャンネルと独学部

先日、東京でもやっと雪が降りましたね!正直に言って、ちょっとわくわくしました。 大学生の時、大きな雪だるまを一人で作ったことがあります。子供っぽいかもしれませんが、やっぱり、雪がふるってなると、非日常ですから、テンションあがりますね。 雪で遊ぶのもいいと思いますが、インフルエンザも流行っていますし、体調管理には十分に気を付けて...

家のインフラの重要性 はてなブックマーク数 - 家のインフラの重要性

早いもので、弁護士となって、1か月が過ぎようとしています。 修習ってよかったなと思っています。めんどくさい、めんどくさいと思っていましたが、戻れるならば、修習生もう一回やってもいいかなと思っています。起案や二回試験も頑張るので、もう一回やってもいいなと思います。 弁護士と修習の違い やはり、修習の時とは忙しさが違いますね。修習...

短答式試験と一般教養科目 はてなブックマーク数 - 短答式試験と一般教養科目

前回、前々回と短答式試験のことについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。 短答式試験は、頑張れば、その分が結果へと反映される試験です。論文や口述式試験にも当てはまることではありますが、短答式試験の場合それが顕著です。やれば、その分結果へとつながりますから、頑張っていきましょう。 短答式試験の一般教養科目は対策不要 ...

短答式試験の勉強法の工夫 はてなブックマーク数 - 短答式試験の勉強法の工夫

前回、短答式試験のやるべきこと、問題集についてお話しさせていただきました。今回は、それらを具体的にどうやっていくのかお話ししようと思います。 短答の問題集を使った勉強法 まず、何度も解きましょう。 1回、2回、回したぐらいでは、8割取れるようにはならないです。何度も何度も回してようやくとれるようになります。 私は、最低でも5回...

Return Top