岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

司法修習中の生活~ひとり言ブログ~

538b81168e0a2944fca412b11e5510a0_s気づいたら、もう6月も半ばですね。
本当にビックリしています。

司法修習が12月から始まって、そこから半年が既に経っているということなんですね。
早すぎます。
ついこないだ修習生になった気がしていますし、まだ実務修習も始まったばかりの気持ちでいました。
半年も経たないうちに二回試験だと思うと、少し憂鬱です。
それでも、人生最後のモラトリアムだと思って、いろいろ楽しみたいなと思っています。

今日は、修習中の生活についてブログ書いてみます。
雑談です。

司法修習が始まって変わったこと

修習始まって、変わったことというと、私個人的なことですが、それは、体重です。
少し痩せました。
受験中は、運動した方がいいのはわかってはいたのですが、その時間が勿体無いと思って、運動は後回し、で食べる量は変わらないという生活だったので、太って太ってった感じでした。
修習は、場所や、クールとかによってばらつきもありますが、大体、朝9時半頃から始まって、夕方5時に終わるという感じですので、結構余裕のある生活を送れています。

で、空いている時間が多いですし、通勤時間もさほどかからないので、朝スポーツジムに行ってから、修習に行くという生活をしています。
あと、お弁当も持参しています。
もちろん自分で作って!

もちろん、アフターファイブは、飲みに行くこともあります。
クラス全体での飲み会もありますし、班での飲み会もあります。
それ以外にも、テキトーに集まった仲間で、飲んだりもします。

ただ、色々な人から話を聞くと、昔の修習生よりは飲んでいないようです。
もちろん、飲み歩いている人もいるとは思いますが。

また、私は、修習地が地元なので、小学校、中学校、高校の時の友達と飲みに行くこともあります。

司法修習中の休みの過ごし方

修習中の休みの日は何をしているかというと、特に何もしていないことが多いです。
同期同士で、バーベキューやテニスをしている人もいますが、参加できていないです。

唯一、東京—ドムでの巨人対中日戦の開幕カードを観に行きました。
野球が大好きな私にとっては、最高の1日でした。

本当に休みの日で、同期で何かをしたというのは、本当にそれぐらいで、休みの日は、基本的には一人で過ごしています。
決して、友達がいないからとかではないです。
一人で映画行ったり、カフェでゆっくりしているのが好きなだけです!

他に、どんなことを修習生がしているのかというと、さっぱりわかりません。
2回試験への勉強をしている人もいるでしょうし、遊んでいる人もいると思います。
休みの日もこれをやらなければいけないとか、宿題があるわけではないので、思い思いに過ごしているんじゃないかなーと思います。

特に地方だと、遊ぶ場所とかも沢山あるので、その地方ごとで遊んだりするんじゃないかなと思います。
スキーや海に行ったりで。

あと、修習中は、司法試験の時よりは、切羽詰まったような感じや、緊張感はないですし、のんびり過ごせています。
ここ最近、嬉しかったのは、誕生日をノープレッシャーで過ごせたことです。
誕生日が司法試験、予備試験の約2週間前なので、毎年誕生日が来ると、試験が近くなってきたなーとどこか嫌な部分があったのですが、今年は、試験のことを考えることなく過ごせました。

修習中で大きく変わったことは、法律に関して話すことができる友達が増えたということです。
私は、勉強は専ら自宅ででしたし、法学部に、友達が多くいなかったので、気軽に法律の疑問とかを聞ける相手がほとんどいなかったです。
しかし、修習では、それができます。これが結構嬉しいです。

ただ、弁護修習では、法律事務所にバラバラに配属されちゃうので、誰も友達がいなくて、寂しいです。
でも、なんだかんだ、充実した修習を送れていると思っています。
これを全部いい思い出にするためにも、二回試験に向けて頑張りたいと思います!!

 

★☆★☆23のポイントで分かる!試験形式別・勉強計画(予備試験編)☆★☆★
僕が実践した、勉強計画の立て方、そして、各試験にむけてやるべきことをシンプルにまとめました。 1コインで学べますので、気になる方は是非ご覧ください。
>

★☆★☆試験に受かる勉強法を習得したい方向け☆★☆★
本ブログでも勉強法について語っていますが、
資格スクエアでは勉強法だけを10時間みっちり教えている講座があります。
講師の方は、大学時代に勉強法研究に目覚め、
その後、公認会計士試験⇒予備試験⇒司法試験に突破された、勉強法マニアの方です。
5400円という飲み会一回分の値段で、正しい勉強法が勉強できるのはすごいです。
難関試験の一発突破術はこちら

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top