岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

刑事訴訟法基本書のオススメまとめ

keijisosyou-kihon

オススメの基本書ですが、今回は刑事訴訟法についてお話ししたいと思います。

 

刑事訴訟法は判例百選を基本書代わりに!

刑事訴訟法は、判例百選を基本書代わりに使うというのもありだと思っています。

それほど、質がいいです。
また、「これだ!」と言った基本書がないのが現状だと思われます。
判例百選の解説部分を基本書として使い、論点についての理解を深めると言った方法がいいかなと思っています。

ただ、これだと手続き面に関しての知識がおろそかになってしまうので、『入門手続法』を使って勉強するといいです。
私は、口述試験対策としてこの書籍を購入し、読んだのですが、わかりやすくかつ簡潔に書かれています。
そのため、刑事訴訟の手続きの流れがすっと入ってくると思います。
また、刑事訴訟法を勉強し始めた方にもオススメです。
この本を読んで、サーっと刑事訴訟法の全体像をつかんでほしいです。

 

刑事訴訟法基本書のおすすめ3選

そうは言っても、やはり基本書が欲しいところだと思います。

私の中で、今一番オススメできる刑事訴訟法の基本書は、『刑事訴訟法(LEGAL QUEST)』です。

どのLEGAL QUESTシリーズにも言えることですが、教科書です。
判例に沿った解説がメインで、学説については最小限度になされています。
学説を知りたいという方には、物足りないのかもしれませんが、司法試験、予備試験に合格するということであれば、十分だと思います。

また、酒巻先生が書かれた『刑事訴訟法』もオススメです。

こちらは、法学教室で連載されていた「刑事手続法を学ぶ」、いわゆる酒巻連載をまとめ、加筆されたものです。
内容は素晴らしいです。
趣旨や目的などについての理解が深まると思います。
もっとも、基本書であるため、酒巻先生の説が推されています。
また、判例百選の方の酒巻先生の解説は必読です。
ビデオ撮影の可否についての理解が深まると思います。
安冨潔先生の『刑事訴訟法』は、辞書用としてオススメです。

弁護士経験もある方で、実務に沿って書かれています。
そして、学説については、ポイントを落として解説されています。
そのため、判例実務を抑えたいという人は、本文の方だけを読むというのもありです。
この書籍は、何と言っても情報量が豊富です。
大きくてさらに分厚いので通読するには難しいかもしれませんが、本棚にあると便利な1冊だと思います。

 

刑事訴訟法の書籍おすすめNO.1

刑事訴訟法の中で、一番オススメしたい本が『判例講座 刑事訴訟法(捜査・証拠篇)』です。

これと言った基本書がないと冒頭でお話ししましたが、捜査と証拠だけであれば、この本が一番いいです。
ものすごくわかりやすいです。判例についての理解がかなり深まります。
これと百選で十分だと思います。

私は、川出敏裕先生が書かれた書籍が出たということで、すぐに買いました。
この書籍を読んで感動した部分がいくつもあり、またこの書籍に沿った形で論証をしていました。
公判部分が出された場合には、すぐに購入したいと思っています。

 

刑事訴訟法演習書について

最後に演習書ですが、『事例演習刑事訴訟法』を使用している方は多いと思います。

設問は、旧司法試験と類似しているので、旧司法試験を解く際には便利です。
また、刑事訴訟法についての理解がかなり深まります。
特に、伝聞の部分は必見です。

しかし、注意が必要な書籍でもあると私は思っています。
というのも、学部生が読んでも、珍紛漢紛になりかねず、また判例実務を抑えられなくなりかねないからです。
内容はかなり高度です。
そして、1〜2行で判例実務について言及して、あとは判例の批判と学説、古江先生の説と言った部分がたくさんあります。
また、答案に直結する部分も少なく、この書籍を理解していなくても十分合格できます。
当てはめの練習にも向いていないです。

合格に直結しやすいものをやりたい方は、『ロースクール演習 刑事訴訟法』『事例研究 刑事法Ⅱ刑事訴訟法』をオススメします。
もっとも、刑事訴訟法についての理解は深まる1冊なので、余力がある方はぜひ挑戦してみてください。

===========================

資格スクエア・予備試験講座説明会

私・岡嶋も説明会に登壇します! 

  • 論文の書き方
  • 勉強スケジュール
  • 教材の選び方

など、皆様が気になる情報をお伝え致します。

説明会後には、個別のご相談にお受けしておりますのでぜひお越しくださいませ。
参加はもちろん無料です! お申し込みはこちら

===========================
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top