岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

商法基本書のオススメまとめ

syouhou-kihon

オススメの基本書を連載していますが、今回は、商法いきたいと思います。

商法基本書の定番

何と言っても『会社法(LEGAL QUEST)』がオススメです。

初学者が読むのにもいいですし、司法試験まで使える1冊だと思います。
このLEGAL QUESTは色がなく、教科書といった感じです。
まずは本文だけを読んでもらいたいです。
コラムは発展的な内容が多いので、そこについては、疑問を持った時に参考にするといった感じでいいと思います。

『株式会社法』(著 江頭 憲治郎)の方は、受験生が持っておく必要はないのかなと思っています。

オーバースペックになりかねないと考えています。
実務家にも向けて書かれた本であるため、論点について掘り下げて書かれているわけではないです。
論点については注釈に書かれ、また理由づけも簡潔です。
そのため、受験生には使いづらいと思われます。
もっとも、会社法の中では、一番体系的にまとめられており、権威のある本なので、実務に出た際には、必須な一冊であることは間違いないと思われます。

商法基本書の超おすすめはこれ!

今、一番お勧めしたい基本書は、『会社法』(著 田中 亘)です。

これは本当に素晴らしい基本書です。まず、わかりやすいです。
そして、原則や趣旨から解きほぐして解説をされているので、すーっと入ってきます。
また、事例も豊富に掲載されているので、理解しやすいと思います。
初学者にもお勧めしたい本です。

LEGAL QUESTと江頭先生の会社法の中間に位置するような基本書です。
私は、修習に入ってから読んだのですが、受験時代に欲しかったと思いました。
今、1番いい会社法の基本書だと私は思っています。

毎年新しい版が出版される『会社法』(著 神田 秀樹)もいい本です。

最近は、使用している受験生は減ってきたのかなと思いますが、私は、LEGAL QUESTと併用してこちらも使用していました。
注釈になるのですが、こちらの方が、丁寧にかつ深く書かれている部分があったので、適宜参考にしていました。
初学者が読んでわかる本ではないのですが、勉強が進んでから読むと、新しい発見もあると思います。

商法演習書のおすすめ

演習書ですが、まずは『Law Practice商法』がいいと思います。

判例をもとにした基本的な事例が多いですし、解説の方も非常にわかりやすくなっています。
また、ほとんどの論点が網羅されているので、これをやっておけば、知識で負けることはないです。
予備試験、司法試験もこれ1冊で大丈夫だと思っています。
私は、予備試験の時は、この基本書ぐらいしかやっていませんでした。

『事例で考える会社法』も非常にオススメです。

巷では、難しいと言われていますが、私個人の印象では、言われているほど難しいとは感じませんでした。
特に解説の方は、発展的な内容を解説しているものの、読みやすく、また理解もしやすいものです。
答案に使える部分が多いと思います。
また、新しい発見も多いです。

もっとも、解説によっては、わかりにくい部分があるのですが、そこは飛ばしても問題のない部分です。
初学者や、1冊目の演習書には向いていませんが、ある程度できるようになり、会社法の力をつけたいという方には向いている1冊だと思います。
私は、会社法の演習書の中では、一番好きでした。これを何周もしました。

『事例研究 会社法』もオススメの1冊です。

こちらの方は、発展的な内容というより、基本を押さえていくタイプのものです。
『Law Practice 商法』に近いです。
わかりやすい解説ですし、答案に使える部分も多いです。
『Law Practice 商法』の方が合わないという方は、こちらの方がいいかもしれません。
私は、両方やりましたが、こちらの方が好きでした。

商法判例集

判例集ですが、これは百選で問題ないです。
解説までしっかり読んでほしいと思います。

 

★☆★☆23のポイントで分かる!試験形式別・勉強計画(予備試験編)☆★☆★
僕が実践した、勉強計画の立て方、そして、各試験にむけてやるべきことをシンプルにまとめました。 1コインで学べますので、気になる方は是非ご覧ください。
>

★☆★☆試験に受かる勉強法を習得したい方向け☆★☆★
本ブログでも勉強法について語っていますが、
資格スクエアでは勉強法だけを10時間みっちり教えている講座があります。
講師の方は、大学時代に勉強法研究に目覚め、
その後、公認会計士試験⇒予備試験⇒司法試験に突破された、勉強法マニアの方です。
5400円という飲み会一回分の値段で、正しい勉強法が勉強できるのはすごいです。
難関試験の一発突破術はこちら

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top