岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

口述試験体験記〜1日目〜

今日も、口述試験体験記の続きを書きたいと思います。

口述 落ち込む

試験までの待ち時間

私は、自分の番を待っている間、ひたすら要件事実の勉強をしていました。

私の列は、進むのが遅かったです。
そのため、「厳しい試験官なのかな?」と思いつつ、3時間待ちました。
前の人がいなくなる度に、緊張感が増してきました。
トイレに何度いったのかもわかりません。

そして、ついに自分の番になり、呼ばれました。
体育館を出て、試験場に向かいました。

個室に通され、そこには、10人ほどの受験生が、椅子に座っていました。
私は、真ん中付近の椅子に座りました。これが発射台です。
ここでは、試験上の注意を受けました。

具体的なことは忘れてしまいましたが、当たり前のことを言われた気がします。
一人一人と発射台から、飛ばされるのを見送りました。
20分ほどそこで待った後、ついに呼ばれました。

事例が頭に入ってこない・・・

呼ばれると、ドアの間にカバンを置くように言われました。
そこで、部屋の中から「チーン」という音がなったら入室するようにも指示を受けました。

少し待つと、「チーン」と鳴りました。
入室すると、狭い廊下があり、その奥に試験官が2人座っていました。主査と副査です。

主査が質問をする方で、もう一方が副査です。
試験官の正面にある机の辺りで、「3室8番です」と名乗りました。
カードをめくり、事例を読み、読み終わったらその旨を伝えるよう、言われました。

事例を読み始めましたが、一切事案が入ってきませんでした。
「落ち着け、落ち着け」と心の中で言いつつも、頭の中が真っ白になってしまい、何が何だかさっぱりわからないという状況でした。

ここで時間を使いすぎてはまずいと思い、事例が頭に入っていないにもかかわらず、「読み終わりました」と伝えました。
その後、質問をされたのですが、明後日の方向の答えをしてしまいました。
そのため、試験官から、「もう一回事例読みなさい」と言われました。
呆れたような言い方でした。

再び事例を読んだものの、よくわからないまま答えました。
どうやら合っていたようで、次の設問に行きました。
このような状態で2問ほど答えました。

誘導がない・・・

きついのは、この後です。
副査の顔を見ても一切アクションがないのです。メモをひたすらしているだけでした。

先輩などから、「副査の顔色で、合っているか間違っているかわかるから、副査の顔色を見た方がいい。」と言われていたため、本当に焦りました。
また、「〇〇だと思うのですが〜」と答え、誘導を待っても、一切誘導はなかったです。

挙げ句の果てに、「君は〇〇と言ってるけど、それはこういうことなの?」と怒られました。
きつい誘導かなと思い、とりあえず「はい」と答えておきました。

その後も、誘導は一切なく進みました

途中でさらにカードをめくり、2つ目の事例に行きました。
この後再び私は窮地に立たされました。

「君は、登記がなくても、建物の引き渡しがあれば、対抗できるってことを言ってるけど、そんな法律あるの?」
と怒り気味で言われました。

内心は、「誘導かな?借地借家法があるはずなんだけど。。。どっちだ〜!!!」と悩みまくっていました。
自分を信じて、「あります。借地借家法です」と答えました。

そしたら、「そうだよね。あるよね」と言われました。
これ以降は、ガンガン誘導してくれるようになりました。
ひたすら「はい」と答えるという感じでした。

口述試験1日目終了

しかし、再び問題が起きました
「この場合、とりうる手段は何がありますか?」と聞かれ、保全について言及をしてしまいました。
そしたら、「そこまで行かないで」と怒られました。
どうやら先回りをしてしまったようでした。

そして、手段を2つほど答えたのち、「他には?」と言われました。
私の中では、この設問で取りうる手段は、保全以外では2つだったので、焦りまくりました。
色々考えを巡らせながら、「保全以外でってことですよね」とごまかしをいれながら考えました。

その後主査から「あるかないかで答えてくれればいいよ」と言われ、悩みましたが、一か八かで「ないです」と答えました。
そしたら、「うん、ないよね」と言われました。
ないなら、いかにもあるかのような聞き方するなよと怒りが湧きました。

そんなこんなで、口述試験1日目が終わりました。
結局、事例はわからないままでした。

部屋を出た瞬間、「落ちた」と思いました。

 

★☆★☆23のポイントで分かる!試験形式別・勉強計画(予備試験編)☆★☆★
僕が実践した、勉強計画の立て方、そして、各試験にむけてやるべきことをシンプルにまとめました。 1コインで学べますので、気になる方は是非ご覧ください。
>

★☆★☆試験に受かる勉強法を習得したい方向け☆★☆★
本ブログでも勉強法について語っていますが、
資格スクエアでは勉強法だけを10時間みっちり教えている講座があります。
講師の方は、大学時代に勉強法研究に目覚め、
その後、公認会計士試験⇒予備試験⇒司法試験に突破された、勉強法マニアの方です。
5400円という飲み会一回分の値段で、正しい勉強法が勉強できるのはすごいです。
難関試験の一発突破術はこちら

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top