岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

予備試験論文式試験に合格された方へ

予備試験口述試験祈願
本日予備試験論文式試験に合格された方々、おめでとうございます!!
予備試験の一番の山を越えたという感じだと思います。

私は、一番嬉しかったのは、予備試験論文式試験の合格発表の時でした(司法試験のときより嬉しかったです)。
今でもその瞬間は覚えています。
未来が見え始めた気がしました。
本当におめでとうございます!!

2週間後には口述試験があり、油断できない状況だと思いますが、論文式試験に合格する力があれば、必ず合格することができます。

「緊張」と「試験慣れ不足」の対策法

口述試験に向けて、模試はできる限り受けた方がいいと思います。
口述試験で落ちる原因の一つに、「緊張」や「試験慣れ不足」があります。

これは、実力がなかったというより、対策不足ということに尽きます。
こうならないようにするには、模試を受けまくるしかないです。
資格スクエアでも、口述模試を実施します。
是非受けにきてください。

詳細は、資格スクエア口述模試から御覧ください。

口述試験最大の敵は「油断」

より具体的な口述試験対策については、他の記事を見ていただきたいのですが、口述試験に落ちる最大の要因は、油断です
油断した人から落ちていきます。

口述試験は、90パーセント以上の人が受かります。
落ちる人は、法律知識がないというよりは油断が大きいのです。
そもそも、問題自体は、口述試験の方が論文に比べてうんと優しいです。
聞かれる知識も結構単純なものが多いです。

つまり、論文式試験に合格するだけの力があれば、本来であれば問題なく合格できるのです

しかし、油断をしてしまい、対策をしないでいると、落ちてしまいます。
とにかく油断だけはしないで、残り2週間過ごしてください。

口述試験の次の日は倒れてもいいので、それぐらいの覚悟を持って臨みましょう。

また、多くの受験生の心理状態は、「90パーセント受かるから、俺も受かるでしょ。落ちるわけがない」というものではないです。
「残り10パーセントに入ったらどうしよう」という気持ちでいっぱいです。

私もそうでしたし、私の周りに余裕だと構えていた人は誰一人いないです。
超優秀な人でさえも落ちるかもと言っていました。
それだけみんな真剣なのです。
だからこそ、油断していると差が出て落ちるのです。

予備試験合格はレアチケットと同じ

今年の予備試験論文式試験、合格者数は469人と昨年に比べて増えました。
今後も爆発的に増えることはないと思いますが、500人前後で推移していくのではないでしょうか。

そうなるとやはり、就職活動では予備試験合格組がより一層強くなると思います。
ただでさえ今は売り手市場。
「予備試験に合格しました」と言っただけで、大手法律事務所だけではなく、街弁の中でも引く手数多になります。

私自身も、いくつかの事務所から「うちに来ない?」と言っていただけました。
予備試験合格という切符はかなりのレアチケットです。

しつこいですが、だからこそ、口述頑張ってください!!
論文受かって、口述落ちでは、なんの意味もないです

また、今年の予備試験論文式試験の受験者数が2200人であるのに対して、合格者数は469人です。
つまり、上位20パーセント以内に入れば、予備試験論文式試験に合格できるんです。
論文まで進んだら、5人に1人は合格できるということです。

こう見ると、自分も合格できるんじゃないかなと思う気がしませんか?
そう、合格できるんです。
短答式試験をクリアしたら、5人に1人が受かる試験なのです。

短答式試験の受験者数と最終合格者数を比べると、受かるわけがないと思える試験です。
しかし、試験ごとに見ていくと、誰しもにチャンスがある試験なわけです。
これだけチャンスがあって、しかも、就職活動でも有利に進められるというのはなかなかないことだと思います。
今、大学、法科大学院にいる方々は、必ず来年の予備試験を受けて合格してください。

何度も何度も言いますが、予備試験論文式試験に合格された方々、本当に、本当におめでとうございます。
あと、2週間頑張ってください。
みなさんの健闘を祈っています。

 

★☆★☆23のポイントで分かる!試験形式別・勉強計画(予備試験編)☆★☆★
僕が実践した、勉強計画の立て方、そして、各試験にむけてやるべきことをシンプルにまとめました。 1コインで学べますので、気になる方は是非ご覧ください。
>

★☆★☆試験に受かる勉強法を習得したい方向け☆★☆★
本ブログでも勉強法について語っていますが、
資格スクエアでは勉強法だけを10時間みっちり教えている講座があります。
講師の方は、大学時代に勉強法研究に目覚め、
その後、公認会計士試験⇒予備試験⇒司法試験に突破された、勉強法マニアの方です。
5400円という飲み会一回分の値段で、正しい勉強法が勉強できるのはすごいです。
難関試験の一発突破術はこちら

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top