岡嶋友也の予備試験・司法試験挑戦者応援ブログ

勉強場所のあれこれ

勉強をどこでするのかというのは、結構悩むのではないでしょうか。
自宅でやる人もいれば、自習室でやる人、図書館でやる人、カフェでやる人もいると思います。
正直に言って、合格できれば、どこでやってもいいと思っています。
結果を出したものが勝ちかなと!

勉強場所はカフェ以外

もちろん、オススメはあります。
オススメは、自宅か自習室、図書館です。
カフェはオススメしないです。カフェは、勉強をする場所ではないからです。
勉強するのであれば、勉強に適した場所、勉強するべき場所でするのが一番だと思います。

自宅、自習室、図書館がおすすめですが、やはり、場所ごとでメリットデメリットはあります。

自習室・図書館での勉強

自習室、図書館で勉強するメリットは、集中しやすいということだと思います。
そこに行って勉強しないというのは、周りの目がありますから、勉強しないというのは浮きます。
また、自習室、図書館に行くというのは、勉強へのスイッチにもなりますし、意識づけにもなると思います。

私の友人には、自習室以外では勉強しないという人もいました。
自宅では一切勉強しないそうです。

自習室、図書館に行くと、テレビはないので、その誘惑は抑えられますが、今はスマートフォンがあるので、次はそれを断たなければいけないかもしれません。
自習室にいる間は、電源を切るという風にしたり、取りづらい場所、バッグの奥底に入れておく、などの工夫が必要かもしれません。

他方、デメリットとしては、友人との雑談だと思います。
友人から話しかけられても、無視するというのは難しいですし、一旦話し始めると、あっという間に時間が経ってしまいます。
その誘惑をどう断ち切るかが大切かもしれません。
話しかけるなという雰囲気を出すのがいいかもしれないですが・・・

もっとも、友人が近くにいるというのは、気軽に相談やミニゼミができるので、それはメリットになるのですが、その辺が難しいところですね。

自宅での勉強

一方、自宅派ですが、こちらのメリットは時間です。
起きてすぐに勉強ができます。
また、荷物を忘れたということもないです。

デメリットは、テレビや漫画などの誘惑があがると思います。
10分だけと思って、テレビをつけてしまって、ドラマを見ちゃったということになってしまうかもしれません。
また、自宅ということで、勉強をする場所も余暇を楽しむ場所も同じなので、オンオフの切り替えが難しいかもしれません。

自宅でも集中して勉強できる

私の周りでは、自宅だと誘惑が多く、やる気が起きないということで、自習室を使っている人が多かったです。
しかし、私は、自宅派でした。

大学の自習室まで行くのにdoor to doorで2時間ほどかかってしまうため、自宅でした。
周りからは、「よく家で勉強できるね」とよく言われましたが、やり始めれば、何の問題もなかったです。

机に向かったら勉強モードになりましたし、どの本も近くにあるので、すぐに手を伸ばせますし、移動時間も節約できるので、メリットの方が大きかったです。
大学受験の時も、勉強は自宅でしていたので、自宅で勉強するのが苦ではなかったです。

自宅のリビングと言う人もいるかもしれません。
意外と勉強する場としてはいいそうです。
もちろん、家族がいるので、雑音はあるそうなのですが、人の目があるので、サボれないらしいです。

イヤホンは勉強時におすすめしない

勉強するときに、耳栓をつけるというのはあまりオススメしないです。
試験本番では耳栓をつけられませんし、ペンや紙の音で勉強できないとなると、本番が難しいと思います。

試験本番は、もちろん雑談はないですが、ペンや紙をめくる音に加えて、トイレに行ったり、咳、くしゃみなど、意外と音がします。
それへの免疫力をつけておくというのも大切だと思います。

自分にベストな勉強場所を見つけてください。

 

★☆★☆23のポイントで分かる!試験形式別・勉強計画(予備試験編)☆★☆★
僕が実践した、勉強計画の立て方、そして、各試験にむけてやるべきことをシンプルにまとめました。 1コインで学べますので、気になる方は是非ご覧ください。
>

★☆★☆試験に受かる勉強法を習得したい方向け☆★☆★
本ブログでも勉強法について語っていますが、
資格スクエアでは勉強法だけを10時間みっちり教えている講座があります。
講師の方は、大学時代に勉強法研究に目覚め、
その後、公認会計士試験⇒予備試験⇒司法試験に突破された、勉強法マニアの方です。
5400円という飲み会一回分の値段で、正しい勉強法が勉強できるのはすごいです。
難関試験の一発突破術はこちら

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top